JR西日本×沿線自治体共同プロジェクト おためし暮らし第2期開始!高島市・南丹市・丹波篠山市

JR西日本 おためし暮らし

西日本旅客鉄道株式会社(以下「JR 西日本」)は、 沿線自治体と地域との協働により、2021年 6月より「おためし暮らし」プロジェクトを開始していますが、2022年6月より、その第2期目をスタート。

地域性の異なる3つのエリア、兵庫県丹波篠山市・京都府南丹市・滋賀県高島市を対象に、複数のおためし住宅を用意するとともに、JRでの通勤費40%支援、レンタカー特別プランなどの、うれしい移住支援策を提供。関西のローカル地域での移住を希望する方必見のプロジェクトになっています。


文/斎 信夫

JR西日本「おためし暮らし」プロジェクトとは?

JR西日本 おためし暮らし ロゴ


おためし暮らし」プロジェクトとは、「今の仕事を続けながら、自然豊かな環境で暮らし、都市圏を行き来する生活がしたい」という方に、複数のおためし住宅を選んで短期、または長期移住できる環境を提供するもの。

移住といっても、「地域になじめるだろうか?」という不安がつきものですが、1ヶ月から始められるおためし暮らしなら、地域との相性や暮らしやすさを確かめることができるのではないでしょうか。

仕事はそのまま、ローカルに暮らし、ときどき出社

という新しいライフスタイルデザインをJR西日本と沿線自治体がお手伝いします。

対象者は、京都市・大阪市・神戸市内及び京都線・神戸線の各駅へ鉄道で通勤される方を含むご家族。

参加期間は、2022年6月1日以降の1〜3ヶ月間(短期)、または6〜10ヶ月間(長期)で、住居は複数のおためし住宅の中から選ぶことができ、月額賃借料も2〜5万円程度と安価。

しかも、JRでの通勤費40%支援、レンタカー特別プラン、充実した暮らしのサポート窓口など、うれしい移住支援策も用意されています。


うれしい4つの支援策

JR西日本 おためし暮らし うれしい4つの支援策

JR西日本「おためし暮らし」うれしい4つの支援策の具体的な内容をご紹介します。


JRでの通勤費を40%支援

「ときどき出社なので、定期を買うほどではない」という方の為に、おためし住宅とオフィスの間の通勤経路(JR西日本路線限定)を事前に登録することで、使った分だけ、ICOCAポイントとして運賃の40%を還元。


短期1ヶ月からもおためし入居OK

「今の住まいの賃料・管理費の支払いも考えると1年はちょっと長いし・・・」というお悩みにお応えし、短期物件は1~3ヶ月、長期物件は6~10ヶ月の期間で、ご自身の生活プランにあわせた選択が可能。


充実した暮らしのサポート窓口あり

3市の移住サポート窓口が、おためし暮らし前、入居期間中のさまざまな相談に乗ってくれます。また、コワーキング施設の提供により、自宅以外でのテレワーク環境も利用可能。四季折々のイベント、移住先輩との交流会等の提案・案内も予定。


レンタカー特別プランあり

「日々の移動に車は欠かせないけど、期間中ずっとレンタカーをするには高くつくし・・・」という方に、1ヶ月単位で申込み可能な、レンタカーの特別プランを用意。Sクラスは1ヶ月36,700円、Kクラスは1ヶ月33,440円と、お得なレンタル料金となっています。


3つのローカルエリアと住まい、移住支援策について

対象エリアは、都市圏と地方の良さを大切にしながら、どちらも楽しめる、地域性の異なる3つのエリア。自然豊かな環境にありながら、JR西日本の特急や新快速で大阪や京都まで約1時間以内でアクセス可。地方の住まいと都市圏を楽に行き来する生活が実現できます。

JR西日本 おためし暮らし 3つのエリアと住まい


たんばささやまぐらし 〜兵庫県 丹波篠山市〜

河原町妻入商家群

丹波篠山市は、JR西日本 特急で大阪まで約60分。篠山城跡を中心に城下町が広がる歴史と伝統があふれる町です。国の重要伝統的建造物群保存地区である河原町には、古民家を改修した新しい店舗も増え、休日には観光客で賑わう活気ある町でもあります。

移住を決めた際には、住宅新築・改修の補助や空き家活用支援など、住まいのサポートが充実しています。また、市外へ通学する子どもを対象にした通学費補助金制度、子育て応援補助金、中学3年生までの医療費無料化など、数々の子育て支援策も用意。子育て世代の移住も安心。総合病院や大型スーパーもあり、快適な移住ライフが送れますよ。


丹波篠山市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/HYOGO/tambasasayama


なんたんぐらし 〜京都府 南丹市〜

美山かやぶきの里

南丹市は、JR西日本 特急で京都まで約30分。京都府のほぼ真ん中に位置する町で、美山かやぶきの里は、日本の原風景に出会える美山町の代表的な観光スポット。国の名勝地に指定されているるり渓などもあり、美しい自然に囲まれている「森の京都」の中心地です。

南丹市は移住促進特別区域であることから、移住・定住支援制度も充実。子育て世帯を対象とした住居改修費の補助、新婚世帯に対して、婚姻に伴う住宅取得費・住宅リフォーム費・住宅賃借費・引越費の補助など、安心して新生活を送るためのさまざまな支援が受けられます。400以上の病床をもつ京都中部総合医療センターもあり、高齢者でも安心して過ごせるのも魅力です。


南丹市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/KYOTO/nantan



たかしまぐらし 〜滋賀県 高島市〜

白鬚神社

高島市は、JR西日本 新快速で大阪まで約70分。琵琶湖の西部に位置し、滋賀県最大の面積を有しています。市の面積のうち72%が森林で、琵琶湖へ注ぐ水のほぼ3分の1を生み出しています。インスタ映えすると最近人気のメタセコイア並木や鳥居が湖に浮かぶ白鬚神社もこの地に。

高島市では、新婚世帯向けに住居購入費用や家賃、引越し費用の補助、妊婦健診費用の全額助成、保育料は第1子から完全無料など、特に子育て世代に嬉しい支援制度が充実しています。また。定住住宅リフォーム補助事業、太陽熱温水器設置事業補助金、太陽光発電システム設置補助金などの住宅支援制度も嬉しいですね。


高島市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/SHIGA/takashima



JR西日本×沿線自治体 おためし暮らし 募集概要と参加までの流れ

募集概要

 対象者

  • 指定の京阪神エリア都市部(*1)へ鉄道で通勤される方を含むご家族(*2)
  • (*1 京都市・大阪市・神戸市内 及び 京都線・神戸線の各駅)
  • (*2 短期物件<南丹④>は単身者も募集対象となります。)


参加期間

  • 【短期】 2022年6月1日~2023年3月31日のうち、1~3ヶ月間(月単位)
  • 【長期】 2022年6月1日~2023年3月31日のうち、6~10ヶ月間(月単位)
  • ※ 短期と長期で、お選びいただけるおためし住宅が異なります。


応募から参加までの流れ

応募 → 予約 → 本申込み → 参加(おためし暮らし開始) という流れになります。

募集期間

  • 2022 年 4 月 14 日(木)~4 月 26 日(火) 〔1 次募集〕
  • ※長期物件<南丹①②>の〆切は5月9日(月)となります。
  • ※追加物件や空き枠のある物件については、2次募集も予定。


申込先

  • おためし暮らしを希望するエリアの窓口へエントリー

 

詳細、応募フォームは、JR西日本×沿線自治体 おためし暮らし 公式サイト 募集概要をご覧ください。


仕事はそのまま、ローカルに暮らし、ときどき出社。

2021年6月に開始された「JR西日本×沿線自治体 おためし暮らし」第1期目では、「土地の匂いや空気は現地に行ってみないとわかりません。短い期間でも住んでみて新たな発見がありました。」等、様々な声が寄せられました。

JR西日本 おためし暮らし 第1期目体験者の声

今回の第2期目では、これらの声を活かし、さらにより良いサービスを目指しているとのこと。

「JR西日本×沿線自治体 おためし暮らし」は、ウィズコロナ時代を見据え、「テレワークと、ときどき出社」を組み合わせながら、都市部のオフィスと郊外のスローライフを往復するスタイルを体験できる好企画といえます。

3つのエリアは、都市圏へのアクセスも抜群で程よい田舎感が魅力。関西での移住ライフをお考えの方はぜひご検討を! 


合わせて読みたい

▲舞鶴市が『住みたい田舎』ベストランキング上位に選ばれる理由とは?移住支援策まとめも

▲滋賀県高島市が住みやすさランキング上位に選ばれる理由とは?移住支援策まとめも

▲兵庫県丹波篠山市が住みやすさランキング上位に選ばれる理由とは?移住支援策まとめも