掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.12.12時点)
移住マッチングプラットフォーム

たびすむ

掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.12.12時点)

美唄市
びばいし

美唄市について
避暑滞在にもおすすめ!夏でも涼しく爽やかに暮らせる美唄市です。

美唄市は、石狩平野に位置し、札幌市と旭川市の中間に広がる道内有数の穀倉地帯です。市内の中央には、日本一長い直線道路(29.2km)としても有名な国道12 号と道央自動車道、JR 函館本線が南北に縦貫しており、交通の要衝です。東側には、2019年5月に日本遺産に認定された「炭鉄港」の構成遺産が点在し、西側には、北海道最大の一級河川石狩川が流れるとともに、田園地帯が広がり、春と秋には国の天然記念物である「マガン」8万5千羽がラムサール条約登録湿地「宮島沼」へ飛来します。
 美唄市出身の世界的彫刻家である安田侃氏の作品を楽しめる「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」やソメイヨシノなど約2,000 本もの桜が広がる「東明公園」をはじめとした観光スポットに加え、古くから市民にふるさとの味として愛されている「美唄焼き鳥」、不老長寿の実として知られる「ハスカップ」や「グリーンアスパラ」の産地としても有名です。
日本一長い直線道路の始点が美唄市にあります。
「炭鉱のまち」として栄えた歴史があります。
特産品のアスパラガスは道外の方にも人気が高いです。
移住に関するお問い合わせ
美唄市 総務部美唄デザイン課
電話 0126-62-3137
※お問い合わせの際は「たびすむを見た」とお伝えになるとスムーズです。
受付時間 平日8:45~17:15
メール kikaku@city.bibai.lg.jp
HP 美唄市移住・定住ポータルサイト
ふるさと美唄応援団

移住支援メニュー

移住者・定住者への助成制度(若者定着移住促進助成)
 市では、市外から通勤する市内の事業所の勤務者の方の定住促進・雇用確保及び地域活性化のため、市外から市内の民間賃貸住宅に移り住む市内就業者の方に、家賃の助成を行います。
【助成額】
・単身世帯 20,000円/月 ・複数世帯 30,000円/月  ※「びばい商品券」で助成します。

【対象者】
・令和4(2022)年3月1日以降に美唄市に転入された方
・申請時において40歳未満の方
・市内の事業所に勤務(正規雇用)されている方または事業を営んでいる方(公務員は除く)
・一時的な居住ではなく、引き続き3年以上定住する意思がある方
・転入日の以前1年間において市内に住所を有していない方

【対象となる住宅】
市内の民間賃貸住宅でアパートや戸建住宅となります。ただし、以下の住宅は対象外になります。

・市営住宅その他公的な賃貸住宅
・社宅、寮その他雇用主から貸与されている住宅
・三親等以内の親族が所有している住宅

【要件】
・助成金の交付申請年度の申請時において、入居者が市内の民間賃貸住宅に居住及び当該所在地に住民登録していること。
・本市に転入した翌月6か月以内に、この助成金の初回の交付申請を行うこと。
・入居者が民間賃貸住宅の賃貸契約の名義人となり、家賃を支払っていること。
・入居者が公的制度(生活保護等)による補助を受けていないこと。
・入居者が市内にほかの住宅を所有または借用していないこと。
移住者・定住者への助成制度(通勤費助成)
市では、JR美唄駅~JR札幌駅間の特急定期券を利用して札幌市内に通勤している方に対して、転入の日から3年間、月額2万円を「びばい商品券」で助成を行います。

【対象者】
以下のいずれの項目にも該当する方が対象となります。

・申請日以前3年間に市外から市内に住民票を異動させ転入した方
・JR美唄駅からJR札幌駅間の特急定期券を利用し、札幌市内の勤務地まで通う方
※転入の日以前1年間において市内に住所を有していた方は除きます。

【要件】
・申請者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・助成金の交付申請日において、本市の住民基本台帳に登録されている方で、転入した日から3年以上定住する意思を有する方であること。
※対象となると思われる方は、美唄デザイン課デザイン係(0126-62-3137)へお問い合わせ下さい。
移住者・定住者への助成制度(住宅助成)
移住者に対して、土地付き新築住宅の建設(分譲住宅の購入を含む)で最大150万円、土地付き中古住宅の購入で最大50万円を助成します。

【対象者】
・移住者:申請日以前3年間に市外から市内に住民票を異動させ転入した方
・子育て世帯:住宅への入居を開始した日または売買契約を締結した日のいずれか遅い日において15歳未満の子がいる世帯
・若者夫婦世帯:住宅への入居を開始した日または売買契約を締結した日のいずれか遅い日において夫婦のうちどちらかが40歳未満の世帯
【要件】
・土地・建物ともに3親等以内の親族以外から購入したものであること。
・対象住宅の居住面積が60平方メートル以上で、助成対象者が所有権保存登記上の本人であること。
・申請者は土地登記名義人及び建物登記名義人であり実際に居住すること。
・中古住宅は昭和56(1981)年6月1日以降建築のもの又は耐震性能が建築基準法、その他関係法令の規定に適合しているものであること。
・対象住宅に居住する全ての者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・助成対象者は、本市の住民基本台帳に登録されている方で、入居日から3年以上美唄市に定住する意思を有する方であること。
・対象となる住宅に入居した日から1年以内の申請であること。
 ※賃貸戸建て住宅を購入した場合は、売買契約日から1年以内の申請。

対象となると思われる方は、美唄デザイン課デザイン係(0126-62-3137)へお問い合わせ下さい。
参考URL: https://www.city.bibai.hokkaido.jp/site/ijuu/6774.html
移住者・定住者への助成制度(市所有分譲地購入助成)
市所有分譲地を購入後、3年以内に住宅を建設し、3年以上居住される方へ、1区画あたり土地購入費の7割を助成します。
例:分譲地購入価格200万円の場合、140万円を助成

【対象者】
・市外から移住された方、または、美唄市内に在住されている方
・市所有分譲地を購入後3年以内に住宅を建設し、居住される方
【要件】
・新橋団地及びつつじ団地を購入し、購入後3年以内に住宅を建設し入居後1年以内に申請すること。
・居住が原則であるため工場・店舗等は対象外。ただし店舗等と住居の併設の場合は、住居の床面積が店舗等の床面積の1/2以上であること。また、アパート等の集合住宅も対象外とする。
・分譲地を購入した者は、その後建設する住宅に3年以上居住(住民票も異動)することとし、土地の購入者(契約者)と土地登記名義人及び建物登記名義人は実際に居住すること(共有名義含む)。
・新築する住宅の居住面積は60平方メートル以上であること。
・対象住宅に居住するすべての者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・平成31(2019)年4月1日以降に市所有分譲地の売買契約を締結した者であること。
※対象となると思われる方は、美唄デザイン課デザイン係(0126-62-3137)へお問い合わせ下さい。

アクセス

4大都市 東京
4大都市圏への交通機関 飛行機
現地の空港・駅 新千歳空港
現地の空港・駅の詳細はこちら https://www.new-chitose-airport.jp/ja/
4大都市圏の空港・駅 羽田空港、成田空港
4大都市圏への所要時間 約3時間15分

INDEX

交通情報
JR
駅数
4
路線名
函館本線
バス
バス運行会社
美唄市、美唄自動車学校、北海道中央バス
レンタカー
周辺主要都市
周辺主要都市
札幌市
周辺主要都市への交通機関
鉄道
現地の空港・駅
美唄駅
周辺主要都市の空港・駅
札幌駅
周辺主要都市への所要時間
35分
タクシー
会社名
昭和ハイヤー、ビジコータクシー、美唄交通(株)
地域重要情報
公的機関
役所、役場、出張所数
1
警察署数
1
消防署数
1
その他公的機関
自衛隊基地、北海道立総合研究機構林業試験場
医療介護施設・動物病院
総合病院数
4
クリニック・診療所数
6
歯科医院数
10
診療科目
内科、外科、耳鼻科、眼科、小児科、整形外科、呼吸器科
老人ホーム
有り
デイサービス施設
有り
動物病院
有り
学校・教育関連施設
幼稚園数
2
保育園数
3
認定こども園数
1
小学校数
2
中学校数
2
高校数
2
公共施設
図書館数
1
美術館・博物館数
2
公園
有り
総合体育館
有り
公民館
有り
その他公共施設
体育センター
金融・郵便・その他組合
郵便局
有り
宅急便
有り
銀行・ATM
有り
その他金融・組合
農業協同組合、空知信用金庫、空知商工信用組合
ショッピング・飲食施設
電気店
有り
書店
有り
スーパー
有り
コンビニ
有り
ドラッグストア
有り
カフェ
有り
酒店(居酒屋・バー)
有り
飲み屋街/繁華街
有り
その他のショッピング、飲食施設
商店街
スポーツ・レジャー施設
プール
有り
サッカー・フットサルコート
有り
テニスコート
有り
野球場
有り
ゴルフ場
有り
スキー場
有り
キャンプ場
有り
その他スポーツ・レジャー施設
スカイダイビング、ボルダリング