佐賀県SAGA

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

九州の北西部に位置する佐賀県は、玄界灘と有明海に面しており、海外諸国との交流の窓口として歴史的、また文化的にも非常に重要な役割を果たしてきました。海だけではなく、北部には脊振山脈、南部には広大な佐賀平野を有しており、豊かな自然に育まれた佐賀県でしか味わえない絶品グルメも豊富です。イカの活造り、竹崎カニ、佐賀牛、温泉湯豆腐などの伝統的な地元料理を食すため、日本全国から観光客が訪れます。古くより行われてきた米作りも根強く継承されているほか、酒類の原料となる大豆や二条大麦、玉ねぎやレンコンなどの農作物の栽培も盛んに行われてきました。 そんな佐賀県にはグルメ以外の見所も豊富。全国的に高い人気を誇る有田焼や伊万里焼の産地としても有名です。定期的に行われる有田陶器市は日本最大規模とも言われており、全国の器ファンやコレクターが一堂に集います。その数は100万人にも及び、佐賀の街は賑やかな活気に包まれます。 さらに日本三大美肌の湯と言われる「嬉野温泉」や2200年前に開湯した歴史を持つとされる「古湯温泉」など、本物の温泉ラバーも唸る温泉郷も有しています。美味しい食事と心地良い温泉に癒される真に贅沢な暮らしも、佐賀県であれば叶えられるでしょう。