長崎県NAGASAKI

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

九州の最西部に位置する長崎県は、対馬、壱岐、五島などをはじめとする島嶼を数多く有しており、その数は594にも及ぶと言われています。海岸線は半島や岬、湾や入江から形成され複雑に入り組み、その延長は約4,175kmで北海道に続く全国2位。このような地形の影響を受けた豊かな自然と美しい景観に恵まれた海の街としても高い人気が誇ります。漁場も豊富にあるため、新鮮な魚介も楽しめる贅沢な環境です。また長崎県は平地が乏しい坂の街としても有名で、陸地は起伏に富んでいます。 江戸時代には日本で唯一外国との貿易が許されていた長崎県。港町として栄え、ポルトガルやオランダをはじめとする多様な風俗文化や宗教などが入ってきました。その歴史ゆえに建てられた異国の雰囲気が垣間見えるスポットも数多く点在しており、グラバー園の他、キリシタンによる大浦天主堂や浦上天主堂などの見所もたくさん。独特の歴史の中で育まれた長崎文化は、現在でも祭りや伝統行事、長崎の人々の気質にも残っています。 さらに県南部にある島原半島では、火山による産物である温泉も豊富。北部の佐世保にはカラフルなイルミネーションで人気を集めるハウステンボスなどもあります。