【移住したら徒歩圏内!?】ビーチパラダイス沖縄の絶景ビーチ・海岸20選

阿波連ビーチ

沖縄最大の魅力はなんといっても綺麗な海!沖縄には絶景のビーチ、海岸が至るところにあり、いつでも感動するような美しい海に出会えます。

沖縄は人気の移住地でもありますが、ビーチの近くに移住すれば、海まで徒歩で行くことだってできますよ!海好きにとってはまさに夢のような生活ですね。そんなビーチパラダイス沖縄のビーチ、海岸をエリアごとに厳選してご紹介します。

(ホテルのプライベートビーチは除いています。)


文/斎 信夫(沖縄市に6年半居住経験あり)

沖縄本島 北部の絶景ビーチ・海岸


1 古宇利ビーチ(今帰仁村/古宇利島)

古宇利ビーチ

本島から橋でつながる半径約1Km、周囲約8kmの離島、古宇利島にあるのが「古宇利ビーチ」。古宇利大橋の下には青い海と真っ白な砂浜が広がっています。シャワー、トイレなどの設備も整い、子どもでも安心して楽しめるビーチです。

ビーチに隣接するところには、古宇利物産センターがあり、珍しい南国フルーツや沖縄の特産品が目白押し。中でも人気なのは古宇利島の特産品のウニ。夏の期間だけ美味しいウニが食べられます。ビーチ周辺には、おしゃれなカフェも多く、泳ぎ疲れたら近くのカフェで食事やスイーツを楽しめるのも魅力。


古宇利ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利
  • 公式HP・参考HP::https://www.okinawastory.jp/spot/600011642
  • アクセス:那覇空港から車で約1時間40分
  • 駐車場:無料(古宇利物産センター)


今帰仁村の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/nakijin


2 瀬底ビーチ(本部町/瀬底島)

瀬底ビーチ

「瀬底ビーチ」も本島から橋で行ける離島、瀬底島にあります。島の西海岸に約800m続くさらさらパウダーの白い砂浜で、天然のビーチは沖縄本島屈指の透明度を誇っています。

エメラルドグリーンとブルーのグラデーションが美しく、感動すること間違いなし! ビーチからは、伊江島や水納島を望むことができ、美しいサンセットも必見。

ビーチは遠浅になっているので、子連れでも安心してマリンレジャーを楽しめます。また、モンガラやルリスズメダイなどの珍しい熱帯の魚達が多く棲んでいるので、シュノーケリングも楽しめます。近くには、ヒルトン沖縄瀬底リゾートもあり、優雅な気分でレストランやカフェを利用することができるのも魅力。


瀬底ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県本部町瀬底5583-1
  • 公式HP・参考HP: https://www.sesokobeach.jp/
  • アクセス:那覇空港から車で約90分、名護市街から車で30分
  • 駐車場:約300台


本部町の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/motobu


3 水納ビーチ(本部町/水納島)

水納ビーチ

沖縄本島北部の本部半島沖合に浮かぶ水納島にある「水納ビーチ」。周囲4kmほどの小さな島で、空から見るとクロワッサンのような形に見えることから“クロワッサンアイランド”という愛称が付けられています。島までは、渡久地港から高速船で約15分。離島でありながら気軽にアクセスできるのも魅力です。

「さすが離島!」と思わず感動の声をあげてしまうほどの透明度の高いビーチで、エメラルドグリーンに輝くその光景は多くの人を魅了します。遊泳水域の内側にはサンゴが生息し、カラフルな熱帯魚もいっぱい。シュノーケリングにもおすすめのビーチです。


水納ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県本部町瀬底6276-7
  • 公式HP・参考HP: http://www.minna-beach.com/
  • アクセス:那覇港・泊ふ頭から高速船で75分、渡久地港着。渡久地港から水納港まで高速船で15分。
  • 駐車場:約100台(渡久地港)


本部町の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/motobu


沖縄本島 中部の絶景ビーチ・海岸

伊計ビーチ

うるま市の東部に延びる勝連半島から、人気のドライブコース海中道路を渡って車で行ける伊計島にあるのが「伊計ビーチ」。沖縄本島エリア屈指の透明度と、潮の干満の影響を受けずにいつでも海水浴が楽しめるのが魅力。

有料のビーチですが、マリンジェットでの伊計島一周ツアーを始め、シュノーケルツアー、体験ダイビングなど、さまざまなマリンアクティビティを楽しむことができます。また、バーベキュー、ビーチパーティーができるところもあり、食材も用意してもらえるので、手ぶらで来ても楽しめます。


伊計ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県うるま市与那城伊計405
  • 公式HP・参考HP:http://www.ikei-beach.com/
  • アクセス:沖縄自動車道:沖縄北ICから車で約45分。
  • 駐車場:250台
  • ※入場料(駐車場代込)が必要


うるま市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/uruma


5 津堅ビーチ(トゥマイ浜)(うるま市/津堅島)

津堅ビーチ(トゥマイ浜)

うるま市の平敷屋港から1日5便往復しているフェリーで30分の離島、津堅島にあるローカルなビーチが「津堅ビーチ」。地元の人にはトゥマイ浜として親しまれています。港から数分歩いたところに、全長1kmの長い砂浜が広がり、透明度も抜群。ビーチの北側には岩場もあり、不思議な形の岩が海に浮かぶ姿も必見です。

島民の憩いの場でもあるため、観光地化されていないのも魅力。水納ビーチとは違い、シーズンに訪れても人は少なくのんびり楽しめます。キャンプ場も併設されているので、夏はキャンプを楽しむこともできます。沖縄本島からすぐ行ける離島で穴場のビーチを探している方におすすめ。


津堅ビーチ(トゥマイ浜)の基本情報


うるま市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/uruma


6 ぎのわんトロピカルビーチ(宜野湾市)

ぎのわんトロピカルビーチ

那覇空港から車で約30分で行けるのが、宜野湾バイパス沿いの沖縄コンベンションセンター近くにある「ぎのわんトロピカルビーチ」。ぎのわん海浜公園の中にあり、手軽にアクセスできることから観光客だけでなく地元の人にも人気のビーチです。市街地に近い割には透明度が高く、美しい海はもちろん、夕陽も絶景。

バーベキューできるエリアも整備されており、夕方になると地元客がビーチパーティーしている姿も多く見られます。バナナボートやSUPなどのマリンアクティビティーから、砂浜でのビーチボール、ビーチサッカーなど、さまざまな楽しみ方ができるのも魅力。近くにはレストランやホテル、大型スーパーもあり便利です。近所にはマンションも多いので、ここに移住すればまさにビーチが徒歩圏内!


ぎのわんトロピカルビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
  • 公式HP・参考HP:http://www.ginowantropicalbeach.jp/
  • アクセス:那覇空港から車で約20分。沖縄自動車道西原ICから車で約20分。
  • 駐車場:170台


宜野湾市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/ginowan


7 アラハビーチ(北谷町)

アラハビーチ

北谷町の安良波公園に併設されている人工ビーチが「アラハビーチ」。観光客にも人気のアメリカンビレッジからも徒歩圏内。アメリカンな雰囲気が漂う全長約600mのロングビーチです。米軍基地が近いため、外国人も多く異国の雰囲気が味わえるのも魅力。

ビーチは波が穏やかで子どもでも安心して泳げます。公園内には、海賊船インディアン・オーク号の船型遊具が置かれていて、こちらも子どもたちに人気。また、人気の夕陽スポットでもあり、東シナ海に太陽が沈んでいく黄昏時になると、美しいサンセット目当てに人が集まってきます。


アラハビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町北谷2-21
  • 公式HP・参考HP: https://uminchunokai.com/
  • アクセス:那覇空港から車で約40分。沖縄自動車道沖縄南ICから車で約25分
  • 駐車場:120台


北谷町の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/chatan


8 ミッションビーチ(恩納村)

ミッションビーチ

沖縄本島の西海岸、リゾートホテルが点在している恩納村にある「ミッションビーチ」。キリスト教会の敷地内にあり、周囲を岩で囲まれた静かな天然ビーチです。グリーンの芝生に白いテラスが印象的。まるでアメリカのプライベートビーチのような隠れビーチ感が魅力です。

有料のビーチですが、比較的人は少なく穴場で透明度の高さも抜群。バナナボート、ジェットスキーツーリング、チューブ、ウェイクボードなど、マリンアクティビティも充実。シュノーケリングツアーや体験ダイビングも実施されています。近くにはペンション村もあり、ロングステイしての移住体験もおすすめ。


ミッションビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県恩納村安富祖2005-1
  • 公式HP・参考HP:https://tryclub-okinawa.com/
  • アクセス:那覇空港より約1時間45分。
  • 駐車場:50台(有料)


沖縄本島 南部の絶景ビーチ・海岸


9 オリオンECO美らSUNビーチ(豊見城市)

オリオンECO美らSUNビーチ

豊見城市の豊崎海浜公園内にある「オリオンECO美らSUNビーチ」は、那覇空港から車で約15分のところにある県内最大級の人工ビーチで、全長約700mの砂浜が魅力。

沖縄で初めてネーミングライツ(愛称を命名する権利)が導入されたビーチで、オリオンビールは、古くから沖縄県民に親しまれている沖縄を代表するビールメーカー。ビール片手にビーチへGO!

広い園内では、海水浴だけでなくアスレチック、ビーチサッカー、バスケットボールなど、幅広いスポーツが楽しめます。サイクルセンターで自転車を借りて潮風を浴びながらのサイクリングもおすすめ。水平線に沈む美しい夕日も綺麗。兄ィニィの丘は、映画「涙そうそう」のロケ地となったところで、海に浮かぶ岡波島(うかはじま)も一望できます。


オリオンECO美らSUNビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県豊見城市豊崎5-1
  • 公式HP・参考HP:https://churasun-beach.com/
  • アクセス:那覇空港から車で約15分。
  • 駐車場:800台(有料)


豊見城市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/tomigusuku


10 美々ビーチいとまん(糸満市)

美々ビーチいとまん

「美々ビーチいとまん」も那覇空港から車で約20分の便利なところに位置しています。サザンビーチホテルの目の前にあります。遊泳エリアとマリンスポーツが楽しめるマリンエリアに分かれていて、ラグーンを囲むように橋が設けられた遊歩道があり、海に入らなくても海を満喫できるのが魅力。

ビーチには、フォトジェニックなウォールアートも点在し、インスタ映えする写真が撮れるとあって、特に若い人に人気。子どもが遊べる遊具やバスケットコート、海の生物を観察できる人工磯もあります。徒歩圏内には住宅街もあり、ここに移住すれば散歩がてら毎日歩いてビーチまで行くこともできますよ。


美々ビーチいとまんの基本情報
  • 住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-15
  • 公式HP・参考HP:http://bibibeachitoman.com/
  • アクセス:那覇空港から車で約20分。
  • 駐車場:630台(有料)


糸満市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/itoman


11 あざまサンサンビーチ(南城市)

あざまサンサンビーチ

沖縄県の南部、市の形がハートの南城市を代表するビーチが「あざまサンサンビーチ」。神の島・久高島に渡るフェリーが発着する安座真港に隣接した人工ビーチで、地面にアートが描かれていたり、ハートの幸せの鐘やブランコがあったりと、フォトジェニックなスポットが至るところに。インスタ女子にもおすすめのビーチですよ! 

海の透明度も高く、マリンスポーツ、バーベキューもできます。バリアフリーのトイレを完備するなど、設備も充実。沖合3kmほどのところにある白い砂浜に囲まれた周囲800mの無人島、コマカ島へのツアーも実施。エメラルドグリーンとブルーのグラデーションが美しい、より綺麗な海で泳ぐこともできます。


あざまサンサンビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県南城市知念字安座真1141-3
  • 公式HP・参考HP:https://www.azama-beach.com/
  • アクセス:沖縄自動車道南風原南ICから車で約20分。
  • 駐車場:350台(有料)


南城市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/nanjo


12 百名ビーチ(南城市)

百名ビーチ

遠浅で波が穏やかな天然ビーチ「百名ビーチ」。近くの新原ビーチに比べるとシーズンでも比較的人は少なくゆっくりと過ごせるのが魅力。琉球の創成神アマミキヨが海の彼方から渡来した時に初上陸した場所として伝えられ、上陸地点を示す石碑ヤハラヅカサが、沖合に立ち、干潮時にのみその姿を現します。

アマミキヨがしばらく生活をしたと言われている聖地である浜川御嶽(はまがわうたき)もビーチ内にあり、石垣の中には神様を祀る祠が。神秘的な空気を感じることができるビーチでもあります。近くには、高級リゾートホテルの百名伽藍があり、カフェで海を眺めながらスイーツや食事も楽しめます。


百名ビーチの基本情報


南城市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/nanjo


沖縄離島 慶良間諸島の絶景ビーチ・海岸


13 古座間味ビーチ(座間味村/座間味島)

古座間味ビーチ

那覇の泊港から高速船で約50分、西へ約40kmの東シナ海に浮かぶ慶良間諸島の一つ、座間味島にある「古座間味ビーチ」。沖縄本島のビーチとは比べ物にならない美しさを誇るビーチで、透明度は抜群。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャパンでは2つ星を獲得。波打ち際から数メートルのところには、子どもにも人気のクマノミなどの色鮮やかな熱帯魚が泳ぎ、魚とたわむれることができます。

天然の真っ白い砂浜は約1kmと長く続いており、夏場にはカラフルなビーチパラソルが並び、インスタ映えする光景が。海の家では、タコライスや沖縄そばなどの沖縄料理、ガパオライス、サニーライスなどアジアングルメも味わえます。慶良間諸島の各島は移住先としてもおすすめの場所。座間味島に移住すると、ケラマブルーと呼ばれる美しい海に毎日出会えますよ。


古座間味ビーチの基本情報


座間味村の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/zamami


14 北浜ビーチ(座間味村/阿嘉島)

北浜ビーチ

阿嘉島も那覇の泊港から高速船で行ける慶良間諸島の一つ。そのメインビーチが「北浜」と書いて「ニシバマ」と読む「北浜ビーチ」。

透明度の高い綺麗なビーチが1kmにもわたって広がり、真っ白な砂浜が印象的。島の周囲は約11km、人口300人程度と小さい島なので、徒歩で島巡りができます。港に隣接の集落には、飲食店やレンタルショップなどが集まっており便利。

阿嘉島唯一の遊泳ビーチが「北浜ビーチ」で、夏には大勢の観光客で賑わっていますが、島の西側にある「ヒズシビーチ」は遊泳ビーチでないため夏でも静か。ケラマブルーの絶景を眺めてのんびり過ごすには、こちらのビーチもおすすめです。


北浜ビーチの基本情報


座間味村の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/zamami


15 阿波連ビーチ(渡嘉敷村/渡嘉敷島)

阿波連ビーチ

「阿波連ビーチ」は、那覇の泊港から高速船でわずか35分。慶良間諸島の中でも沖縄本島から一番近い渡嘉敷島にあるので、手軽に離島気分が味わえます。移住先としてもおすすめの場所なので、ちょっと日帰りで移住先を下見するのもいいでしょう。

全長800mの真っ白な砂浜が続くビーチは、離島ならではの透明度。シュノーケリングでは多くの熱帯魚に出会えます。ゆるやかなラグーンになっている地形なので海は穏やか。シュノーケリング初心者や子どもにもおすすめです。阿波連の集落には飲食店も数軒あります。


阿波連ビーチの基本情報


渡嘉敷村の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/tokashiki


沖縄離島 八重山諸島・宮古諸島の絶景ビーチ・海岸

16 川平湾 石垣市/石垣島

川平湾

あのミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、沖縄県内唯一の3つ星と評価されたところが石垣島の北部にある「川平湾」。湾内には9つの小島が点在し、海と島々の景色が、天候や時間によって異なり、エメラルドグリーンやオーシャンブルーなどさまざまな色に変化します! 何度訪れても違った感動を得られるのが魅力。

湾内は潮の流れが速く、遊泳禁止となっていますが、船底がガラスになっているグラスボートに乗ると海中の美しい景観を楽しむことができます。浜を歩くだけでなく、売店のある少し高台からの眺望も絶景。SNS映えする絶景を堪能できる川平湾は、世界中から多くの観光客が訪れる沖縄を代表する景勝地。石垣島に移住すれば、こんな絶景を身近に楽しめますよ!


川平湾の基本情報


石垣市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/ishigaki


17 コンドイ浜(竹富町/竹富島)

コンドイ浜

石垣島から高速船で約10分の竹富島を代表するビーチが「コンドイ浜」。真っ白な砂浜と透き通るような美しい水、青く輝くオーシャンブルーのコントラストが美しく、遠浅で波が穏やかなので子どもでも安心して海水浴できます。海水浴しなくても、のんびり海を眺めているだけでも癒やされますよ!干潮になると少し沖に砂洲が現れ、波打ち際を少し北に歩くとニライカナイの神が降り立ったニーラン神石が鎮座する姿も見られます。

竹富島は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、赤瓦が美しい古き良き沖縄の原風景が見られるところ。水牛車に乗ってのんびり島内を巡るのもおすすめの過ごし方。コンドイ浜の近くのカイジ浜は遊泳禁止ですが、星砂の浜として知られ、星の砂を探す観光客で賑わっています。


コンドイ浜の基本情報
  • 住所:沖縄県竹富町竹富
  • 公式HP・参考HP:https://painusima.com/52/
  • アクセス:竹富港から車で約5分、集落巡回バスで約5分。
  • 駐車場:なし


竹富町の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/taketomi


18 与那覇前浜ビーチ(宮古島市/宮古島)

与那覇前浜ビーチ

東洋一の美しさといわれる「与那覇前浜ビーチ」は、宮古島を代表するビーチで、マイパマビーチとも呼ばれています。7kmも続く真っ白い砂浜と透き通ったコバルトブルーの海とのコントラストはまさに東洋一の絶景!

宮古島は石垣島などとは違い川が無い為水が濁らず、透明度の高い海が見られます。ビーチの前には、宮古島と来間島(くりまじま)を結ぶ約1.7kmの来間大橋が架かり、その景観も絶景。

マリンスポーツも盛んで、毎年4月には「全日本トライアスロン宮古島大会」のスタート地点となっています。近くには、宮古島東急ホテル&リゾーツもあり、レストランやカフェで食事をすることもできます。宮古島は毎年移住者で人口が増え続けているほど移住先としても人気ですが、ホテルにロングステイして移住体験してみるのもいいかもしれませんね。


与那覇前浜ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇1199-1
  • 公式HP・参考HP:https://mipama.jp/
  • アクセス:宮古空港から車で約15分。平良港から車で約30分。


宮古島市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/miyakojima


19 砂山ビーチ(宮古島市/宮古島)

砂山ビーチ

宮古島市平良の市街地から約4kmにある「砂山ビーチ」は、細かなパウダースノーのような白い砂丘を上り切ると、目の前にぱっとコバルトブルーの海が広がるそのシチュエーションが魅力。ビーチまでの道中はジャングルのような南国の草木が生い茂るところを進んでいきますが、その絶景を目にすると砂山を上ってきた疲れも吹き飛びます。

砂浜の左手には、波の浸食によって出来たアーチ状の岩があり、白い砂浜とその岩とのコントラストも美しく、インスタ映えします。トリップアドバイザー2019年(令和元年)の「日本のベストビーチのトップ10」で2位に選ばれた人気のビーチでもあります。


砂山ビーチの基本情報
  • 住所:沖縄県宮古島市平良字荷川取
  • 公式HP・参考HP: https://www.okinawastory.jp/spot/1081
  • アクセス:宮古空港から車で約20分。平良港から車で約10分。
  • 駐車場:24台


宮古島市の基本情報・移住情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/miyakojima


20 渡口の浜(宮古島市/伊良部島)

渡口の浜

2015年1月開通の、無料では日本一長い橋である伊良部大橋を渡っていく伊良部島にある絶景の地が「渡口の浜」。細かいさらさらの砂浜が800m続き、エメラルドグリーンの海に、グリーンの下地島、来間島、宮古島が浮かぶ姿はまさに絶景。

伊良部島の代表的な海水浴場の一つなので海の家やシャワー施設も整っています。伊良部島は周囲約27km、人口約6千人あまりの小さな島で、下地島空港のある下地島とは狭い水路をはさんで隣接しています。下地島空港には17エンドと呼ばれる絶景スポットもあり、こちらも是非訪ねてみましょう。


渡口の浜の基本情報・移住情報


移住先にもおすすめ!ビーチパラダイス沖縄

いかがでしたでしょうか? 沖縄の絶景ビーチ・海岸20選。

もちろん観光地としても人気の沖縄ですが、本土とは全く違うこの美しい海の光景に魅せられ、沖縄への移住を決める人もたくさんいます。

是非、今回の記事を参考に、移住先探しも兼ねて沖縄旅行を楽しんでくださいね。


合わせて読みたい

▲移住体験レポート!東京都市部から沖縄県離島「久米島」へ

▲沖縄エリアで人気の移住先10選!地域の特徴やメリットを紹介

▲夏休みにお試し移住しよう!沖縄でロングステイできるおすすめ施設