女子旅で鎌倉満喫!欲張り女子も大満足なSNS映えスポットやグルメを紹介SNS映えスポットで人気の街「鎌倉」

長谷寺 良縁地蔵

四季が感じられる豊かな自然、ご利益満載の歴史ある神社仏閣、オシャレなカフェに海が見える絶景スポットと、女子の「大好き」がギュッと集まった古都・鎌倉。日本古来の伝統を大切にしながらも、最新のスポットが続々とOPENし、何度行っても“新しい鎌倉”に出会えるのも魅力です。今回は見どころ満載の鎌倉の中から、観光・グルメ・体験と、わがまま女子も大満足の女子旅オススメスポットを紹介します。

首都圏から日帰りも可能な鎌倉

鎌倉観光の拠点となる鎌倉駅は、JR横須賀線の停車駅です。横須賀線が湘南新宿ラインや総武快速線と接続し、週末には一部の成田エクスプレスも停車するようになったので、東京近郊の県からもアクセスしやすくなりました。
新宿方面からは小田急線が便利。藤沢駅から江ノ電を利用すると、海を眺めながらのんびり鎌倉へ向かうことができます。小田急線と江ノ電が乗り降り自由な「江の島・鎌倉フリーパス」や、江ノ電と路線バスが乗り降り自由になる「鎌倉フリー環境手形」、江ノ電1日乗車券「のりおりくん」など、交通費が節約できるだけでなく、観光スポットの入場券が割引になるお得なチケットがあるので要チェックです!
車の場合は横浜横須賀道路の朝比奈ICを降りて鎌倉に向かいますが、道が細く渋滞することも多いので、紫陽花シーズンなど混雑する時期は電車がオススメです。

鎌倉女子旅でおすすめの観光スポット5選

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮 大銀杏

提供元:鶴岡八幡宮

神社仏閣が多い鎌倉の中でも代表的なのが、800年以上の歴史を持つ「鶴岡八幡宮」でしょう。鎌倉駅からは歩いて10分ほどです。厄除けや家内安全の他、縁結びのご利益があることでも有名です。かわいい鳩の根付が入った「鳩みくじ」は特に女性に人気があります。
一番のパワースポットと言われているのが、2010年3月に強風で倒れてしまった大銀杏。その後、次々と新芽が芽吹いたことから、パワーがもらえると多くの人が訪れています。
鶴岡八幡宮の参道である若宮大路は、春になると美しい桜の並木道となり、こちらも見逃せませんよ。

鶴岡八幡宮の基本情報
  • 開門・閉門時間 6:00~21:00(10月~3月)、5:00~21:00(4月~9月)
  • 住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • https://www.hachimangu.or.jp/

小町通り

小町通り

鎌倉駅東口から鶴岡八幡宮まで、参道である若宮大通と並行してる細い道が「小町通り」です。両脇にお土産や食べ歩きグルメ・スイーツのお店が並ぶ鎌倉の人気観光スポット。最近は着物レンタルのお店も多く、着物で散策して写真を撮るのが目的という人も増えています。手ぶらで来店し、髪の毛のセットまでしてくれるので気軽に利用できます。
小町通りにはインスタ映えするかわいいグルメもたくさん!鶴岡八幡宮まで着物で出かけ、思い出に残る写真を撮ってくださいね。

小町通りの基本情報

梅体験専門店「蝶矢」鎌倉店

梅体験専門店「蝶矢」

ちょっと変わった体験をしたいなら、梅酒作りはいかがですか?鎌倉駅から徒歩3分の「蝶矢」では、梅やお砂糖をテイスティングしながら、好みの梅とお砂糖、お酒を選んで自分だけのオリジナル梅酒を作ることができます。お酒が苦手な人は梅シロップ作り体験もできます。金平糖で作る梅酒は見た目もカラフル。
梅酒の飲み頃は1ヶ月後から。旅の余韻に浸りながら飲む梅酒、ポカポカするのはアルコールのせいだけじゃないはず。1杯分から作れますが、中には3杯分3本作っていく人もいるとか。

梅体験専門店「蝶矢」鎌倉店の基本情報

梅酒・梅シロップ体験はホームページから事前予約が必要です。

江ノ電から眺める海

海岸線を走る江ノ電

提供元:ぱくたそ

古都のイメージが強い鎌倉ですが、海も忘れてはいけません。江ノ電を利用して是非海街散歩も楽しんでください。鎌倉から江の島に向かうときは進行方向左側、逆は右側に座ると窓の外に海が広がります。稲村ヶ崎駅から腰越駅までの間の景色は特に絶景!空と海の青さに癒されますが、実は夕日の名所でもあるんです。ゆっくりとオレンジ色に染まっていく空は忘れられない思い出になりますよ。
    漫画「スラムダンク」で一躍有名になった踏切は、鎌倉高校前駅で降りると目の前です。

鎌倉高校駅前の基本情報
  • 住所 神奈川県鎌倉市腰越1-1

紫陽花の名所

御霊神社の踏切前

紫陽花の名所としても有名な鎌倉。江ノ電沿線の極楽寺駅から長谷駅の間は、紫陽花散策コースとして特に人気で、御霊神社の踏切前にはカメラを持った人がたくさん訪れます。
    紫陽花の三大名所と呼ばれているのは明月院、長谷寺、成就院。40種類以上2500株を超える長谷寺の紫陽花は、咲く時期が微妙に違うため、長い間紫陽花を鑑賞できます。混雑時は「あじさい路」の入場制限を行うので、ゆっくりと見ることができ、写真への人の映り込みが少ないのも嬉しいですね。

鎌倉 長谷寺の基本情報
  • 拝観時間 8:00~ 17:00 閉山17:30( 3月~9月)、8:00 ~16:30 閉山17:00(10月~2月)
  • 定休日 無し
  • 拝観料 大人400円/小学生200円/鎌倉市福寿手帳持参の方200円
  • 住所 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
  • TEL 0467-22-6300
  • https://www.hasedera.jp/

女子旅で鎌倉に来たらマストで食べたいグルメ3選

海光庵

長谷寺 海光庵

提供元:鎌倉 長谷寺

紫陽花の名所として紹介した長谷寺ですが、紫陽花以外の季節も四季折々の花を楽しめます。見晴台からは鎌倉の街と海が一望でき、横にあるお食事処「海光庵」では、精進料理を基にしたヘルシーなランチがいただけます。大豆を使用した「お寺のカレー」は、お肉を使用していないとは思えないコクと旨味!野菜もたっぷりで嬉しい!目の前に広がる絶景のロケーションを眺めならのランチは、目と舌にご馳走ですよ。

海光庵の基本情報

茶寮 風の杜

茶寮 風の杜の黒豆かん

「茶寮 風の杜」は葉山の老舗料亭日影茶屋がプロデュースする和モダンなカフェ。鶴岡八幡宮の三の鳥居のすぐ横、平家池の畔にありながら、入口が目立たないため知る人ぞ知る隠れ家カフェとなっています。
大きくてコクのある丹波篠山産の黒豆が贅沢にトッピングされた「黒豆かん」は、よもぎ麩のふぅわりとした口どけにうっとりしてしまいます。
初夏には窓の外に広がる平家池に一面の蓮の花が咲き、その神秘的で神々しい光景は息をのむ美しさです。

茶寮 風の杜の基本情報

はんなりいなり

はんなりいなりのミルフィーユ

グルメなお店が並ぶ小町通りの中でも、テレビや雑誌で何度もとりあげられているのが「はんなりいなり」。お揚げの中にご飯をいれるのではなく、お揚げで巻いてあります。国産大豆100%のお揚げはふわっふわ!
映えを狙うなら「しらすといくらのミルフィーユ」。透明のカップの中に釜揚げしらすや酢飯、玉子焼き、とびっこが段々に入っていて、見た目もキュート!最後にイクラか生シラス、どちらかのトッピングを選べます。
お食事処では焼立ての玉子焼き定食や、新鮮な海鮮がのった丼もいただけます。

はんなりいなり本店の基本情報
  • 営業時間 10:00~19:00
  • 年中無休
  • 住所 神奈川県鎌倉市小町2-8-6 1階A
  • TEL 0467-23-7399
  • https://www.maru-han.co.jp/

女子旅で鎌倉に泊まるならおすすめのホテル3選

都心から日帰りできる距離だけどあえて泊まりたい鎌倉。早朝や夜の静かな鎌倉が楽しめるのは宿泊してこそです。

KIYAZA鎌倉RESORT

KIYAZA鎌倉RESORT

提供元:KIYAZA鎌倉RESORT

鎌倉ゲストハウス&カフェ「KIYAZA鎌倉RESORT」は、ガーデンプール直結のお部屋や、まるで女子寮のような二段ベッドのお部屋など、それぞれ個性的なお部屋が4タイプ。海まで歩いて2分、長谷寺までも歩いて行けるアクセスの良さも魅力です。
しらすやアジなど地元近辺で獲れた食材を使った、ヘルシーでおいしい朝食も人気です。

KIYAZA鎌倉RESORTの基本情報
  • 宿泊予算 13,000円~25,000円
  • 住所 神奈川県鎌倉市材木座5-5-13-1
  • 住所 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 長谷寺内
  • TEL 0467-40-5005
  • http://kamakura-teras.jp/restaurant.html

ホテルメトロポリタン 鎌倉

ホテルメトロポリタン 鎌倉

「ホテルメトロポリタン 鎌倉」は2020年4月にOPENしたばかりのホテル。鎌倉駅からは徒歩2分と近く、鎌倉駅が見えちゃうお部屋も!チェックイン前やチェックアウト後も荷物を預かってくれるので、身軽に鎌倉観光ができます。
女性スタッフの声を多く取り入れて設計されたお部屋は、女性に嬉しいサービスが満載。アメニティも足の疲れを癒す「足ひんやりシート」や、目の疲れを癒すアイマスク、入浴剤まで揃っています。鏡が2ヶ所ある部屋もあり、同時に身支度出来るのも女子旅にはとってもありがたい!

ホテルメトロポリタン 鎌倉の基本情報

KKR鎌倉わかみや

KKR鎌倉わかみや

提供元:KKR鎌倉わかみや

江ノ電由比ヶ浜駅からは徒歩5分の「KKR鎌倉わかみや」。国家公務員共済組合の保養所ですが、一般の人も利用できるんですよ。こちらの最大の特徴は、鎌倉で唯一温泉に入ることができるホテルだということ。熱海の源泉を使用した温泉はチェックインからチェックアウトまで、ずっと利用することができます。歩き疲れた体を温泉で癒してくださいね。 温泉の後は冷たい鎌倉の地ビールをグイっといっちゃってください。

KKR鎌倉わかみやの基本情報

鎌倉は女子旅におすすめのスポットがたくさん!

首都圏から気軽に行ける鎌倉ですが、思い切り鎌倉を満喫するなら1泊2日が絶対オススメ!1日目はフリーパスを利用して鎌倉散策、2日目は海岸線を散歩して海の見えるカフェでまったり過ごすのも良いですね。山と海に囲まれた鎌倉ならではの旅を楽しんでください。