群馬県渋川市が住みやすい理由とは?役立つ移住支援制度も紹介自然と都市が絶妙に調和していることが魅力の街群馬県渋川市

群馬県の中央に位置している群馬県渋川市は、関東平野と山間部の境目にも位置しており、自然と都市が絶妙に調和していることが魅力の街です。古くから交通の要として栄えてきた渋川市はアクセスも良く、平野部から都市圏に気軽に行き来できます。

また、自然資源がとても豊富で、おいしいグルメやゆったりできる温泉スポットが数多く存在するのも渋川市の魅力です。特に伊香保温泉は全国的にも有名な温泉ですし、水沢うどんは日本三大うどんの一つとして注目されています。

本記事では渋川市の住みやすさや移住支援制度、渋川市独自のアクティビティについて紹介します。渋川市への移住を検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。


渋川市ってどんな街?

渋川市は、公式ホームページで東京よりも暮らしやすいとするデータを取り上げています。このデータによれば、東京よりも「広い家を持ちやすい」「保育施設が整備されている」「都市公園が広い」「完全失業率が低い」そうです。数字で紹介されているので、十分根拠のあるデータでしょう。実際に渋川市ではさまざまな移住支援制度を用意しており、保育支援も充実しています。

また、渋川市はメーカー工場が多く存在している地域でもあり、その影響から、製造業の労働人口がとても多いことが特徴です。それに加え、温泉などの観光資源が豊富なことから、観光業が盛んな地域でもあります。

では、そんな渋川市の魅力を徹底解説していきましょう!


渋川市の住みやすさの理由は?

渋川市の住みやすさの理由は大きく分けて3つあります。ここでは渋川市の魅力に触れながら、渋川市の住みやすさを紹介します。


温泉を気軽に利用できる立地

渋川市は各地区に温泉施設があり、気軽に温泉を楽しめるのが大きな魅力です。地区ごとに泉質や効能が異なるので、飽きずに楽しむことができるでしょう。特に「伊香保温泉」は知名度が高く、日本最古の和歌集である万葉集に登場するほど歴史のある名湯です。

また、温泉の近くではお土産店やお菓子屋が展開されています。温泉帰りに名物のまんじゅうを食べて、ほっこりするのも良いでしょう。地元の方々とトークを楽しみながら、ゆっくりくつろぐのも良さそうですね。

そして、渋川市の温泉街は観光客だけでなく、地元の住民を大切にする文化が構築されています。観光客で混み合うことも少ないので、休日にゆったり日帰り旅行することもできるでしょう。散歩帰りに温泉に浸かるのも、市民の特権です。


住宅地と自然が共存している

関東平野の最北西部に位置する渋川市は、雄大な山並みと広大な平野が調和した環境にあります。山間部では温泉街や自然園など、自然を楽しめるアクティビティが可能です。その一方で平野部では、都心部へのアクセスが良い新興住宅地が展開されており、非常に住みやすい環境となっています。普段は平野部の住宅街で過ごし、週末は山間部でアクティビティを楽しむ、といった生活ができそうです。

また、渋川市は関東地方の中でも自然災害の少ない地域です。関東地方の中でも震度4以上の地震が発生する可能性が最も低く、海から離れているため台風の影響もほとんどありません。自然災害が少ないので安心してのどかに暮らすことができます。

特に、都会の人口密度にうんざりしている人に、渋川市はおすすめです。渋川市は程よい人口密度となっているため、快適に過ごすことができるでしょう。


子育て支援が充実している

渋川市は保育園・幼稚園の保育料無料や、小・中学校の給食費無料、中学生までの医療費無料など、子育て支援が非常に充実しています。ポータルサイト「しぶかわ子育て応援なび」では、渋川市の子育て支援がまとめられているのも便利です。

また、渋川市は不妊治療の医療費を助成する制度も展開しています。最大10万円の助成金を受け取ることが可能なので、不妊治療を検討している方は制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

そして、赤ちゃんが産まれる前後のタイミングで、支援ヘルパーを依頼できる環境も構築されています。午前9時から午後5時のうちの2時間の利用(1日1回)となっており、3回までは無料、4回目以降は1回1,700円(最大30回まで)と格安での利用が可能です。


渋川市の移住支援制度をチェック

渋川市にはさまざまな移住支援制度が設けられています。ここでは渋川市の移住をサポートする制度を3つ紹介します。


最大100万円の移住支援制度が設けられている

渋川市は、首都圏からの移住をサポートする「渋川市移住支援金」を展開しています。移住元が東京23区、または東京圏(条件不利地域を除く)だった場合に適用される制度で、渋川市で就職・起業する際に支給されます。人口密度の高い東京での暮らしに飽き飽きしていた方々のニーズを汲んだ制度といえるでしょう。

また、テレワークや関係人口に該当する人も「渋川市移住支援金」の対象となりました。関係人口の条件に関しては渋川市ホームページで確認してみてください。関係人口の条件を満たしていれば、移住元が東京23区でなくとも支援金を受け取ることができます。

肝心の「渋川市移住支援金」の支援金額は、単身の場合は60万円、2人以上世帯の場合は100万円です。渋川市への移住を検討している方は絶対確認するようにしましょう。


宿泊施設でのお試し移住ができる

渋川市は「移住希望者お試し滞在補助金〜泊まって、知って、しぶかわお試し滞在〜」を展開しています。本制度は渋川市への移住を促進させるため、移住の準備目的での滞在費用を補助する制度です。

市内の宿泊施設に連泊(2連泊以上)する人を対象としており、宿泊施設の宿泊費のみが補助されます。補助金額は大人(中学生以上)が5,000円、こども(小学生)が2,500円で、申請は1人1回まで、1世帯あたり2万円が上限です。

また、本制度の利用は、先ほど紹介した「渋川市移住支援金」の関係人口の条件にもなっています。「渋川市移住支援金」の利用を検討する方は、まず「移住希望者お試し滞在補助金」を利用して、渋川市をたくさん勉強しながら、ゆったりとした温泉ライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。


住まいに関する支援制度

渋川市は「渋川に家を建てませんか。家を買いませんか。 〜渋川市移住者住宅支援事業助成金〜」という名称で、移住者住宅支援事業を展開しています。本事業は、渋川市内で住宅を購入・建設する移住者が対象です。対象住宅は床面積が50平方メートル以上の住宅となっています。

助成金額は10万円をベースに、条件に合わせて加算される仕組みとなっており、最大110万円支給されるケースもあります。加算の条件の例は以下の通りです。

  • 申請者が若者である場合(40歳未満は10万円、30歳未満は20万円)
  • 市内業者による新築の場合は10万円加算
  • 中古住宅取得の場合は10万円加算(空き家バンク登録物件は20万円)


詳しい条件は渋川市ホームページを確認してみてください。


本制度は、予算に達した時点で終了になってしまうので、年度内において早めに申請することをおすすめします。


渋川ライフを存分に楽しもう!

渋川市は恵まれた自然を活かした遊びが散りばめられています。ここでは渋川市のグルメや観光スポットを紹介します。


豊かな水によって育まれたグルメを楽しむ

渋川市は自然豊かなこともあり、綺麗で質の高い水が豊富にあります。この影響で、群馬県は小麦の栽培が盛んとなり、おいしい粉物料理が展開されました。お土産では伊香保温泉石段街の湯の花まんじゅうが有名です。

また、渋川市は蕎麦の栽培も盛んで、渋川地区の豊秋蕎麦、赤城地区の深山蕎麦、子持地区の子持蕎麦などがあります。渋川市だけでさまざまな種類の蕎麦が展開されているので、蕎麦巡りをしてみるのも楽しそうです。

そして渋川市の麺類といったら、日本三大うどんの一つ「水沢うどん」でしょう。小麦粉、塩、水沢の水だけで作られたうどんは、通常の麺よりコシが強く、透明感のある仕上がりとなっています。水沢うどんは伊香保温泉周辺の料理店で提供されているため、温泉上がりの帰り道に立ち寄ってみるのが良いでしょう。


恵まれた自然でリフレッシュ!

渋川市の山間部は自然がとても豊かで、四季折々の景色を楽しむことができます。観光スポットとしては赤城自然園が挙げられるでしょう。赤城自然園は120ヘクタールの広大な土地の中に「自然生態園」「四季の森」「セゾンガーデン」が展開されています。どのエリアも個性豊かで、四季折々の風景を楽しむことが可能となっており、1年中訪れたくなるスポットです。

それと、伊香保グリーン牧場も外せません。伊香保グリーン牧場は伊香保温泉の近くにある牧場なので、温泉までの道中で訪れることができます。牧羊犬、うま、やぎ、うさぎ、ひつじが牧場内で飼育されており、牧羊犬によるひつじショーはダイナミックで圧巻です。また、乗馬体験やアーチェリーといったアクティビティも楽しめるため、お子さん連れのファミリーにおすすめのスポットと言えます。


『しぶせん』で農業にチャレンジ!

渋川市には「渋川市選別農業農法(愛称:しぶせん)」という農法があります。これは環境・健康への悪影響が懸念されている一部の農薬を使用せずに農作物を生産する農法で、全国的にも早いタイミングで普及を進めています。

「しぶせん」で生産された農作物には市の認証マークを貼り付けて販売でき、主に学校給食や直売所で取引されます。学校給食においては、「しぶせんシュウマイ」や「しぶせんコロッケ」などの新商品を開発しているそうです。

渋川市から補助金が支給されるわけではありませんが、「しぶせん」で生産された農作物は既に販売ルートが決まっているため、安定して農業を展開できるでしょう。渋川市としても「しぶせん」を活用して地産地消を進めるために、「しぶせん」生産登録者を積極的に募集しています。これを機に、農業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


住みやすく日常も楽しめる渋川市で移住ライフを楽しもう!

渋川市は、自然豊かな環境を最大限活用したグルメや観光資源が豊富に展開されています。それに加え平野部では、都心へのアクセスに優れた新興住宅街も展開中です。

そして移住をサポートする数多くの制度があるので、お得に移住することもできるでしょう。平日は都市圏で働き、休日は自然に囲まれてゆったりと時間を過ごしたい方におすすめの移住先です。渋川市での移住ライフをぜひご検討ください!



渋川市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/GUNMA/shibukawa