掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.10.13時点)
移住マッチングプラットフォーム

たびすむ

掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.10.13時点)

近畿エリアで人気の移住先10選!市の特徴やメリットを紹介

近畿エリアで人気の移住先10選

本州の中央から少し西に位置し、大阪、京都の2府と、三重、滋賀、奈良、和歌山、兵庫の5県から成る近畿エリア。かつて「天下の台所」と呼ばれた大阪府を中心に、日本第二の都市圏・経済圏として西日本の中核を担っています。

歴史的な遺産や自然的な資源にも恵まれたこのエリアには、都市基盤を活用しながら豊かな暮らしを楽しめる、移住先に最適なまちが数多くあります。今回は近畿エリアでおすすめの人気の移住先10選をご紹介します。


文/江頭友里

 1.兵庫県朝来市


竹田城跡からの空撮

<人と緑 心ふれあう 交流のまち>

兵庫県のほぼ中央部に位置する兵庫県朝来市は、京阪神へも鉄道や車で2時間前後で移動できるアクセス良好な土地。豊かな自然と数多くの遺産を誇り、天空の城竹田城跡や日本遺産にも認定された生野鉱山は観光地としても人気です。

海水浴場やスキー場を始め、キャンプ場や温泉などのレジャースポットも、週末にも気軽に足を運べる、車で1時間程の距離に点在しています。朝来市の風土や気候などを体験できる「体験住宅」や「体験ツアー」を利用し、この魅力を事前に体験しておくのもおすすめです。

「出産祝事業」や「保育料支援」、「医療費支援」など育児支援制度も充実。「ブックスタート事業」や 「子育て家庭ショートステイ」など独自の制度もあります。


朝来市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/HYOGO/asago



2.京都府舞鶴市

舞鶴市にある舞鶴赤レンガパーク

<世界にはばたく「交流ネットワーク都市」>

複雑に入り組んだ海岸線と緑のコントラストを彩る山々に囲まれた舞鶴市は、江戸時代に港のある城下町として栄えた歴史を有しています。赤れんが倉庫群などの遺産や戦後の海外引揚の記録など、歴史の痕跡をまちの各所で感じられます。

舞鶴市では「0歳から15歳までの切れ目のない質の高い教育」を目指して、乳幼児も対象とした教育センターを運営。自由に遊べる子育て交流施設「あそびあむ」もあり、子どもの遊び場所に困りません。

小中学校で「小中一貫教育」を実施するなど教育水準も高く、育児世代に支持される理由になっています。

人流・物流の拠点として発展した舞鶴市には、新しいものを受け入れる包容力があり、移住後にも馴染みやすい雰囲気があります。


舞鶴市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/KYOTO/maizuru



3.和歌山県田辺市

田辺市にある熊野本宮大社大斎原大鳥居

<自然豊かな歴史と伝統のまち>

和歌山県田辺市は、海や山、川などの美しい大自然を誇る紀南の中核都市です。龍神温泉や湯の峰温泉などの温泉資源にも恵まれているほか、世界遺産の「熊野古道」や「熊野本宮大社」などの歴史的文化資源も多く有しており、外国からの観光客の方も多く訪れます。

JR紀伊田辺駅から特急を使用すれば、JR新大阪駅まで約2時間。普段の生活にも便利な上、観光業などのビジネスチャンスにも恵まれた土地と言えるでしょう。

最長1年間入居して田舎暮らしを体験できる滞在施設は、龍神村福井地区に4戸、中辺路町近露地区に2戸、本宮町下湯川地区に2戸。十分にまちのことを理解した上で、安心して移住を決められます。


田辺市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/WAKAYAMA/tanabe



4.奈良県奈良市

奈良市にある浮見堂

<世界遺産に学び、ともに歩むまち>

世界文化遺産のまち奈良市は、710年の藤原京遷都から始まり、華やかな天平文化を支えました。東大寺や興福寺、春日大社などの8資産で構成される「古都奈良の文化財」をはじめ、多くの神社仏閣や史跡、国宝や自然を有し、古都としての情緒に満ちています。

近畿の中央に位置し、他県へのアクセスも抜群。京都市や大阪市へ1時間以内で行けるほか、名古屋や三重へも車で数時間で移動できます。

暮らす人のため、訪れる人のため、多様なニーズが存在する奈良市には、挑戦心を支えるサポートが充実。「創業支援資金」や「創業支援施設 BONCHI NARA STAR PROJECT(起業家育成プログラム)」、「奈良市企業立地マッチング事業」など、実際に多くの起業家が制度を活用し移住を決めています。


奈良市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/NARA/nara



5.兵庫県養父市

養父市にある天滝

<響きあう心 世界へ拓く 結の郷>

県北部の但馬地域の中央に位置する養父市。北近畿豊岡自動車道が八鹿氷ノ山ICまで開通したことで、アクセスの利便性が向上しました。神戸や大阪へは車や高速バス、JRで約2時間。コウノトリ但馬空港まで車で30分前後で行けるので、関東エリアにも行きやすいです。

養父市では婚活サポートが豊富で、プロフィール写真の撮影会や、甘党向け・肉好き向けの婚活イベントなど、楽しく参加できるイベントが定期的に開催されています。

出会いの後の支援ももちろん充実。「特定不妊治療費助成」「出産準備金助成」をはじめとし、「遠距離通学児童・生徒通学費補助事業」や「若者未来応援奨学金事業」など、子どもの成長に寄り添ったサポートが用意されています。


養父市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/HYOGO/yabu



6.京都府福知山市

福知山市にある福知山城の天守閣

<北近畿をリードする創造性あふれるまち>

京都府の北西部に位置する京都府福知山市は、由良川流域の福知山盆地にひらけた土地。市の中心部には十分な都市基盤が整っている一方で、少し郊外に足を伸ばせば豊かな田園風景が広がります。

福知山市には多くの国道や鉄道路線が通っており、京都・大阪・神戸にも車で1時間半前後で移動できます。海水浴やスキー場などのレジャースポットにも約1時間程度で行けるため、休日も十分に満喫できるはず。

「求人倍率が高く就労しやすい環境」と「子育てに関する充実のサポート」との両方を備えた福知山市は、結婚・子育て世代にあたる25〜29歳の転入超過数が府内1位。就農支援を活かして農業を始める移住者も多く、今では地元農業の大きな担い手として活躍しています。


福知山市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/KYOTO/fukuchiyama




7.奈良県香芝市

香芝市にある二上山


合わせて読みたい

▲中国エリアで人気の移住先10選!市の特徴やメリットを紹介

▲九州エリアで人気の移住先10選!市の特徴やメリットを紹介

▲北海道エリアで人気の移住先10選!市町村の特徴やメリットを紹介!