【前編】「人生の停泊所」に癒される。都市部との二拠点生活で伊豆・稲取を活性化

都心を離れ地方で暮らす方に、移住についてありのままを伺うシリーズ。

今回ご登場いただいたのは、2021年7月から東京・大阪と伊豆稲取での二拠点生活をスタートした高浜拓也さん。

大手電気メーカーに勤務する27歳の独身男性です。普段は大阪の実家で生活しながら働き、出張で東京や伊豆へ足を運んでいたそう。

前編では、稲取に第二の生活拠点を置くようになったきっかけや、生活の変化などについて伺います。

取材・文/河崎志乃(写真は高浜さん提供)