【愛媛県西条市】若者が移住したい田舎3年連続1位!秘訣は移住支援・移住者の多さにあり水の都と呼ばれる西条市

これから移住を考えている人にとって大事な要素は何でしょうか。

それは「移住支援策の充実」「実際に移住者が多いこと」の2つです。

支援策が多ければ、補助金を受けて経済的に安心して暮らせますし、実際に移住した人が多ければ地域に溶け込めない不安も少なくなるでしょう。

『愛媛県西条市』は、この2つの要素をどちらも満たしていて、毎年移住を希望する人が後を絶ちません。

どうして西条市に人気が集まるのか、その理由を見てみましょう。


文/木元 泰徳

愛媛県西条市ってどこにあるの?どんな町なの?

西条市は四国地方、愛媛県の東部に位置する地方都市で、北は瀬戸内海、南は西日本最高峰の石鎚山を擁する四国山地に面した自然とほど近い町です。

一方で四国でも有数の工業地帯を有していて、居住地と職場、さらに商業施設がコンパクトにまとまった住みやすい地域です。

移住者に人気があることでも有名で、株式会社宝島社が発行している「田舎暮らしの本」で開催される「住みたい田舎ベストランキング」では、若者世代部門3年連続で1位を獲得しています。

その秘密は町の住みやすさに加えて、自治体が移住者の誘致を積極的に後押しして、移住に対する不安を打ち消していることにあります。

移住者が多いことが新たな移住者の心理的ハードルを下げ、さらに移住者が増える好循環が生まれていることが、常にランキング上位に躍り出る要因と言えるでしょう。



愛媛県西条市はどうして移住者が集まるの?

ここからは西条市に移住者が集まってくる理由をさらに深堀りしてみましょう。


四国屈指の農業・工業都市で就職先が多い

西条市が移住者に人気な理由のひとつめは「就職先が多い」ことです。

いくら魅力的な地域でも、収入がなければ継続して居住することは不可能です。

農業・水産業・工業がバランスよく発達しているので、多様な働き方が用意されています。

例えば西条市の水田の面積は4,269haで、愛媛県全体の25.4%を占めています。さらにメロン、にんじん、ほうれんそうなど多種類の農産物が供給され、水産業とともに一次産業が発達。

また、臨海部では今治造船、半導体工場、日新製鋼など名だたる大手企業の工場が立ち並び、2,750もの企業が集まる工業集積地になっています。

後述しますが、創業を支援する事業も実施されているので起業を後押ししており、小さな企業から大きな企業まで、バランスよく存在しています。



若者を中心に移住者が多く入り込みやすい

西条市に移住者が集まる理由のふたつめは「すでに移住者が多いこと」です。

移住をためらう理由のひとつに「コミュニティに入っていけるのか」という不安がありますが、たくさんの移住者が地域に入っているため、不安が解消されているのです。

さらに移住者の8割が若者や子育て世帯と言われており、若者にとっても同年代の移住者がいることは安心感につながるのでしょう。

後述しますが、西条市はオンライン移住相談なども実施しており、移住に対する疑問を払拭しようとする姿勢が見られます。相談以外にも、若者起業家を応援する事業を展開していることから、さまざまな属性の人を惹き付ける要因となっています。

結果として、移住を検討している人にとって魅力的な自治体となり、また移住者が移住者を呼び込む好循環が生まれて移住者の定着につながっているのでしょう。


都会も田舎も楽しめる「トカイナカ」

西条市に移住者が集まる最後の理由は「トカイナカ」というべき条件が揃っている点です。

「トカイナカ」とは、都会と田舎の中間地点を指し、買い物をするときは都会に、アクティビティを楽しみたいときは田舎に、どちらにもアクセスできるちょうどいい場所を指します。

西条市は市街地では買い物施設が充実しており、高速道路を使えば県庁所在地である松山市まで1時間、足を延ばして広島市や倉敷市まで2〜3時間で到着できます。

一方で市街地から北に10分で海、南に10分で山という自然に恵まれたロケーションのため、釣りや水泳、登山といった遊びを楽しみたい人にもおすすめできる環境です。



愛媛県西条市の移住支援制度について教えて!

愛媛県西条市では、移住を検討している人を後押しする制度がたくさんあります。

どんな制度があるのか、確認してみましょう。



豊富な移住促進への情報提供

・LOVE SAIJO

西条市では、移住を検討している人に向けて、どんな暮らしができるのかを紹介するウェブサイト「LOVE SAIJO」が運営されています。

移住に関連する最新情報や体験を提供する情報の発信のほか、仕事・子育て・遊びなどカテゴリごとにまとめて情報が掲載されています。

実際に移住した人のインタビューや、移住者が撮影したインスタグラムなど、どんな暮らしを送っているのか『生の声』も掲載されているので見てみてくださいね。


・1泊2日無料個別移住体験ツアー

LOVE SAIJOの中では「1泊2日無料個別移住体験ツアー」も企画されています。

宿泊費・往復交通費・食費は全て無料で、どんな体験がしたいかオーダーメイドで考えてくれる珍しいツアーです。

どんな場所なのか知るためには、実際に行くのが一番。候補地のひとつなら参加しない手はないでしょう。


・えひめ移住ネット

西条市独自の発信のほか、愛媛県全体として暮らし方を紹介する「えひめ移住ネット」も運営されています。


西条市は高速道路もほど近く、愛媛のどの地域にもアクセスできるので、ほかの市町村での楽しみ方を見ておくのもよいでしょう。



生活するうえで大事な就業を支援する制度

・創業支援事業

創業を希望する人に対して、経営・税務・人材育成・販路開拓など、継続的に運営を行うために必要な各種相談が行えます。

さらに、補助制度や融資制度の紹介も受けられるので、創業時に問題となりやすいお金の問題について、心強い味方となってくれるでしょう。


・商店街活性化空き店舗活用事業

創業支援事業と連携して、商店街にある空き店舗を活用する人が補助金を受け取れる事業も始まっています。

補助対象経費の2分の1以内で30万円を限度に補助金が出ます。

店舗を新設して開業すると大きな負担となりますが、既存の空き店舗を利用して、設備費の一部に補助金を受けながら事業を開始できれば負担は大きく減るでしょう。


・農業次世代人材投資事業(経営開始型)

就農希望者を対象として、新たに農業経営を開始する人を対象として、年間150万円の交付金が受け取れます。

18歳から45歳までの青年が対象となりますが、すでに知識・技能を有している人なら65歳未満まで対象範囲が拡大されるので、農業経験者がほかの自治体から転入して新生活を始める場合でも利用可能です。



大事な住まいの入手を支援する制度

・西条市移住者住宅改修支援事業 

移住者が行う住宅の改修に要する費用に対して、補助対象経費の2/3または200万円(子育て世帯の場合400万円)を上限に補助金が交付されます。

対象となるのは、市・県が運営する空き家バンクに記載のある住宅です。

見てみると古民家を含めて多くの物件が掲載されているので、どんな家があるか見るだけでも楽しいです。


・木造住宅耐震改修事業 

さらに、耐震診断を受けて「倒壊する可能性がある・倒壊する可能性が高い」の評価を受けた住宅に対して、耐震改修工事の4/5以内で最大100万円の補助金が受けられます。

安心して西条市に長く住むなら、移住初期に改修を行っておくと安心でしょう。


愛媛県西条市で楽しめる趣味・アクティビティ

西条市は海と山に囲まれた、自然環境に恵まれた地域です。

各種アクティビティが近くに揃っているので、活用して楽しみましょう。



西日本最高峰「石鎚山」に登る

西条市は西日本最高峰の「石鎚山」の北面に接していて、気軽に登山を楽しめる距離に登山口があります。

北面には「石鎚登山ロープウェイ」があり、手軽に標高1,300mの高さまで運んでもらえます。ロープウェイからの景色を楽しんだ後、終点からは10分ほどで石鎚神社中宮・成就社にたどり着き、お参りができます。

石鎚山頂まではさらに3時間ほどの山行を要するので、しっかりした準備は必要ですが美しい原生林に囲まれた森林浴を楽しみつつ登山を楽しめるでしょう。

登山に慣れてきた人は途中にある、ほぼ垂直の壁を登る「鎖場」に挑戦してみてもよいでしょう。



車で走れば近くに綺麗な「海」

今度は西条市を北に向かいましょう。10分前後で瀬戸内海に出て、海のロケーションを楽しめます。

西条市中心部の面する海は工業地帯となっているので回避しつつ、新居浜・今治付近の海に出ると釣りや海水浴を楽しめる美しい風景に出会えます。

瀬戸内海は、しまなみ海道に代表される島々が織りなす複雑な地形も特徴のひとつなので、少し足を伸ばして島のある風景を楽しんでみてもよいでしょう。


週末ごとに四国八十八ヶ所をめぐる旅に

西条市の位置する四国には、八十八ヶ所巡りで有名な「お遍路文化」も根付いています。

第60番札所の横峰寺から第64番札所の前神寺が位置しており、気候のよい季節にはたくさんのお遍路さんに出会えます。

テレビで見た人も多いお遍路さん、西条市にくれば身近に感じることもでき、実際に様々なロケーションに位置するお寺を巡ることもできるでしょう。

実際に四国に居住する人の中には、週末ごとにいくつかの札所を巡り、ご当地の美味しいものを食べて帰る週末遍路を楽しむ人もいます。


海・町・山が揃った豊かな環境を西条市で実現しよう!

都市部でショッピング、海や山でアクティビティ。

どちらかを楽しめる町は多いですが、西条市ではどちらも気軽に楽しめます。

都市も近く、自然環境豊か、そして移住者が多くコミュニティに入りやすい西条市への移住を考えてみませんか?

これから農業・起業を目指している人、定年後にゆっくり暮らしたい希望を持っている人、あらゆる人におすすめの町です。



西条市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/EHIME/saijo


合わせて読みたい

▲住みたい田舎ランキングで人気の愛媛県西条市の魅力や移住支援制度を紹介!

▲徳島県三好市が「気軽に移住」できる理由とは?移住支援情報まとめ

▲高知県梼原町は移住に最適!「すぐ住める家」に移住者急増中!