サーフィン移住するならおすすめはここ!全国10地域を厳選

サーファー

サーファーにとって、いつでもサーフィンができる環境は憧れですよね。大好きなサーフィンが楽しめる「サーフィン移住」を考えている方も多いのではないでしょうか?

最近では、テレワークを取り入れる企業が増えているため、地方への移住がしやすくなっています。

この記事では、日本国内でサーフィン移住におすすめの地域をご紹介していきます。都心からのアクセスや、移住支援制度もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


千葉県いすみ市

いすみ市 ママ岬

「移住したい街」として人気があり、メディアでも取り上げられる自治体・千葉県いすみ市。都心からのアクセスもしやすいため、移住だけでなく週末移住や2拠点生活にもぴったりのエリアです。

「都心に近くて、自然を満喫できるエリアに住みたい」という方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


千葉県いすみ市の特徴は?

千葉県いすみ市は、千葉県の南東部に位置する自治体です。伊勢エビの漁獲量日本一など、豊富な海の幸を楽しめます。

いすみ市は1年中良い波に恵まれており、トップサーファーやプロサーファーも多く訪れる、日本屈指のサーフィンスポットとして知られています。そんないすみ市では、「いすみ市サーフィン業組合」という組織が結成されているのも特徴。いすみ市のサーフィンが発展することを目的に、さまざまな活動を行っています。

また、いすみ市は移住支援にも力を入れていることで有名です。お試し移住や移住支援金など、田舎暮らしに欠かせない取り組みが行われています。

海や山といった豊かな自然やのんびりした街並み、都心からのアクセスがしやすいことから、「住みたい田舎ランキング(宝島社「田舎暮らしの本」)」でも5年連続で首都圏エリア1位を獲得している人気の地域です。


千葉県いすみ市へのアクセス

電車でのアクセス

  • 都心からJR特急わかしおで70分(東京駅ー大原駅)
  • 総武線快速−外房線(千葉駅)−大原駅下車(東京発:114分)

車でのアクセス

  • 首都高都心環状線経由で93分(東京駅ー大原駅)


千葉県いすみ市の移住支援制度は?

千葉県いすみ市は先ほどもご紹介したとおり、移住支援に力を入れている自治体です。その中から移住支援制度をご紹介します。


いすみ市移住支援事業補助金

東京23区の在住者または東京23区への通勤者で、いすみ市へ移住し一定の要件に該当した方に対し、移住に要する一時的な費用として「移住支援事業補助金」を交付する支援制度。


空き家バンク

市内へ移住・定住等を目的として空き家の利用を希望する方に対して紹介を行う支援制度。

市内にある空き家を一軒でも多く利用してもらい、地域の活性化につなげること、移住希望者への移住促進を行うことが目的です。


千葉県いすみ市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/CHIBA/isumi


神奈川県藤沢市

鵜沼海岸とサーファー

江ノ島などの観光地として知られる神奈川県藤沢市。横浜や都心へ通いやすいだけでなく、少し足を伸ばせば箱根や鎌倉といった自然豊かな観光地にもアクセスしやすい環境が人気の街です。

サーファーにとって憧れの街でもある藤沢市への移住について、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


神奈川県藤沢市の特徴は?

神奈川県の湘南地域の一つとして知られる藤沢市は、そのなかでも44万人と最大の人口を誇る自治体です。

鵠沼海岸や片瀬東浜海水浴場、辻堂海岸など、サーフィンを楽しめる環境が多いことから、多くのサーファー達でにぎわっています。

東京23区や横浜からアクセスしやすく、少し足を伸ばせば鎌倉や箱根といった観光地もあることから、移住希望者に人気の地域です。


神奈川県藤沢市へのアクセス

電車でのアクセス

  • 都心からJR東海道本線で47分(東京ー藤沢)

車でのアクセス

  • 首都高都心環状線経由で73分(東京駅ー藤沢駅)


神奈川県藤沢市の移住支援制度は?

藤沢市では、移住支援制度は行っておりません。しかし、子育てや医療など、暮らしに役立つ制度がたくさんあります。

サーファーだけでなく、子育て世代にも人気のある藤沢市の支援制度についてご紹介していきます。


認可外保育施設保育料助成

認可保育園への入園待ちの間に利用する認可外保育施設の利用者を対象に、経済的負担を軽減するための助成を行う支援制度です。


乳幼児・子ども医療費助成

中学校卒業までの子どもを対象に、入院・通院費用が助成される支援制度。

保護者の所得制限がありますが、基本的に自己負担なしで利用できます。


神奈川県藤沢市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/KANAGAWA/fujisawa


静岡県牧之原市

富士山静岡空港(牧之原市)からの眺め

「遊ぶように暮らせる遠州の楽園」として知られる静岡県牧之原市は、国内トップクラスの日照時間を誇るエリア。まるで南国のようなゆったりとした時間が流れ、海だけでなく、里山や茶畑といった風景が美しい街です。

サーフィンはもちろん、美しい自然の中でゆったり子育てしたい家族にもおすすめのエリアとなっています。


静岡県牧之原市の特徴は?

牧之原市は、静岡県中部に位置しており、日本有数の海水浴場である静波海岸とさがらサンビーチがあります。

温暖な気候が特徴で、1年中楽しめるサーフポイントが点在していることから、県内外のサーファーに人気の地域。

2020年東京五輪では、サーフィン競技の米国・中国のホストダウンに登録されるなど、マリンスポーツ環境が整っています。

サーフィンの他に、SUPやボディーボードといったマリンスポーツも盛んです。


静岡県牧之原市へのアクセス

車でのアクセス

  • 東名高速道路吉田ICより20分


静岡県牧之原市の移住支援制度は?

サーフィンをはじめとしたマリンスポーツに力を入れている牧之原市ですが、移住支援にも力を入れています。

牧之原市の移住支援制度について、詳しく見ていきましょう。


牧之原市空き家・空き地情報バンク

市内の空き家や空き地の物件情報を提供している支援制度です。市外から移住する方がバンク登録物件のリフォームなどを行う際には補助金が出ます。(最大35万円)


空き家活用リフォーム等補助金

空き家バンク制度を利用し、市外から移住する方に空き家のリフォームや残置物の処理費用を補助する制度です。

  •  空き家のリフォーム:対象経費の2分の1以内(30万円上限) 
  • 残置物の処理:対象経費に掛かる費用実費(5万円上限)


牧之原市移住・就業支援金

東京圏から市内に移住し、静岡県が選定した中小企業等に就職(または起業)された方を対象に最大100万円を支援する制度です。

令和3年度から、要件が一部緩和されました。


静岡県牧之原市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/SHIZUOKA/makinohara


鹿児島県奄美市

奄美大島 西古見観測所跡

奄美市は、日本で2番目の大きさを誇る離島です。島の大部分は森となっており、まさに「自然との共生」が体験できる環境となっています。まるで海外のようなマングローブ林や絶滅危惧種の動物たちなど、豊かな自然に囲まれて暮らしたい人にぴったりのエリアです。


鹿児島県奄美市の特徴は?

奄美大島の一部として知られる鹿児島県奄美市は、令和3年に「世界自然遺産」への登録が実現しました。

なかでも笠利地区の美しい海岸線は多くの観光客の心をつかみ、人気の観光スポットです。

豊かな亜熱帯照葉樹林、広大なマングローブの森など、まるで海外のようなロケーションや、古くから伝わる島唄や八月踊りといった伝統文化が継承されており、移住者からも人気のスポットとなっています。


鹿児島県奄美市へのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 羽田空港からJALで約2時間15分(奄美大島直行便)
  • 成田空港から格安航空で約2時間40分


フェリーでのアクセス

  • 羽田空港からJALで鹿児島空港まで約2時間→マリックスライン(フェリー)で名瀬港まで約11時間


鹿児島県奄美市の移住支援制度は?

奄美市は移住先として人気のスポットであるため、手厚い移住支援が行われています。奄美市が行っている移住支援について、詳しく見ていきましょう。


奄美市定住促進住宅

定住促進住宅は、地域において空き家となった住宅を市が借り受け、公的住宅として提供する制度。

地域コミュニティの育成を目的としています。


空き家バンク

奄美市の空き家バンクに登録することで、借りたい人と貸したい人のマッチングができるシステム。空き家の有効活用を行い、移住促進と地域の活性化を図るための制度です。


オンライン移住相談

毎週火曜日に「Zoom」を使ったオンライン移住相談を無料で行っています。

移住相談したいけれど奄美市まではなかなか行けない…という方に人気の制度です。


鹿児島県奄美市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/KAGOSHIMA/amami


宮崎県日向市

願いが叶うクルスの海

毎年のようにサーフィンの大会が行われる街・宮崎県日向市。質の良い安定した波で知られるこのエリアは、サーファー移住者がとても多い地域です。

日向市には移住支援制度もありますので、サーフィンを楽しみながら暮らしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。


宮崎県日向市の特徴は?

宮崎県日向市は、温暖な気候と美しい自然が共存する地域です。日向市はサーファーにも人気の地域。とくに「お倉ヶ浜」は年中コンスタントに波があり、初心者〜上級者まで楽しめるため、人気のサーフスポットとして知られています。

また、重要港湾「細島港」を中心とした港湾工業都市でもあるため、東九州の物流を支えている一面も。

日向市の特産は「へべす」。「幻のかんきつ」とも呼ばれ、県外に出荷できるのはほんの一握り。まろやかな風味や香りが人気の柑橘類です。

日向市では、市外からの移住支援に力を入れており移住者への支援が充実しています。


宮崎県日向市へのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 羽田空港からANAで宮崎空港まで約100分→宮崎空港駅からJR宮崎空港線で日向市駅へ約90分


宮崎県日向市の移住支援制度は?

サーファーなら一度は住んでみたい日向市ですが、そんな日向市の移住支援制度について、詳しくまとめました。


空き家利活用促進事業補助金

空き家等情報バンクに登録されている物件について、移住者と賃貸又は売買契約される場合、空き家の改修や家財道具の処分の費用の一部を補助する制度。

  • 改修:上限20万円
  • 家財道具撤去:上限10万円

※これから日向市へ移住しようとする方、または移住後1年未満の方が対象


空き家等情報バンク

市外からの移住希望者に対し、住まいの情報として、日向市の空き家物件を情報提供する制度。


移住希望者向け市営住宅の貸し出し

市営美砂(みさご)住宅の一部を移住希望者向けの市営住宅として貸し出しする制度。申込条件は、以下のとおり。

  • 市外から日向市へ移住を検討している方
  • 税金等の滞納がないこと
  • 自治会に加入すること


宮崎県日向市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/MIYAZAKI/hyuga


沖縄県糸満市

沖縄平和祈念公園

沖縄県糸満市は、沖縄県最南端に位置している地域です。

沖縄戦の終戦の地ということもあり、「ひめゆり平和祈念資料館」「平和記念公園」などがあることで知られています。

漁師のまちということもあり自然豊かなエリアですが、古くからの歴史のある地域でもあり、さまざまな祭りが行われています。

「ウチナータイム」と言われるほど、ゆったりとした時間が流れる沖縄の暮らしをぜひ体験してみてはいかがでしょうか?


沖縄県糸満市の特徴は?

糸満市は1年中サーフィンが楽しめることから「サーファーが移住する町」として人気がある町。沖縄でのサーフスポットといえば糸満市と北谷町ですが、糸満市の特徴は「コンスタントに波に恵まれているところ」。

地元の人などは、朝に1度サーフィンをしてから仕事へ行く人も多く、サーフィンが生活の一部となっています。


沖縄県糸満市へのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 羽田空港からJALで那覇空港まで約2時間30分→那覇空港から糸満市まで車で約15分

JAL以外にもANAや格安航空を利用でき、所要時間もかからないのが特徴です。


沖縄県糸満市の移住支援制度は?

サーファーが移住する町として知られる糸満市ですが、仕事や住まいへの移住支援は行っておりません。

子育て支援については助成金制度があるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。


糸満市こども医療費助成制度

こども医療費助成制度とは、病院・薬局等で診療や調剤を受けた時に、支払った医療費のうち、保険診療の自己負担額を助成する制度です。


沖縄県糸満市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/OKINAWA/itoman


長崎県五島市

福江島 高浜海水浴場

五島市は、九州の最西端に位置しています。152もの島々からなる「五島列島」として知られており、五島市は五島列島の南側の総称です。

豊かな自然と歴史ある建造物がたくさん詰まった五島市で、のびのび暮らしてみませんか?


長崎県五島市の特徴は?

かつてキリスト教が禁じられていた時代に、キリスト教信者が移り住んだことから、市内にはたくさんの教会を目にすることができます。2018年に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」もその一つ。

また、福江島西部にある「高浜海水浴場」は夕日が美しく見えるスポットとしても有名で、サーファーだけでなく、観光客にも人気のスポットです。


長崎県五島市へのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 羽田空港からJALで福岡空港まで約2時間→福岡空港からANAで五島福江空港まで約40分


長崎県五島市の移住支援制度は?

美しい自然に囲まれた地域・五島市では、ゆったりと自分たちらしく暮らしていきたい人にぴったりです。

五島市が行っている移住支援について、詳しくまとめました。


五島市空き家バンク

五島市では、「五島市空き家バンク制度」を創設しています。市内の空き家の有効活用や、市内への定住を促進することが目的です。


空き家リフォーム助成

UIターン者が市内の空き家をリフォームして移住する場合、リフォーム費用の一部を負担する制度。新婚家庭やUIターン者、空き家を所有している人が対象です。


子育て世帯引越し補助

五島市では、UIターン者の定住促進を図るため、定住する意思をもって転入する子育て世帯などに「子育て世帯等移住促進事業補助金」を交付する制度です。


面接旅費助成

五島市に移住することを目的として市内を訪問し、市内企業へ就職するために面接を受ける、または市内における起業のために必要な調査を行う方へ、旅費等の費用の一部を助成する制度です。一人あたりの上限は6万円となっています。


東京圏からの移住者への移住支援金

東京圏から移住し、対象条件を満たす方へ支援金を支給する制度。

  • 2人以上の世帯の場合:100万円
  • 単身の場合:60万円


長崎県五島市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/NAGASAKI/goto


千葉県一宮町

流木と海

東京駅から60分でアクセスできる便利さでありながら、海や里山の風景で癒してくれる街、千葉県一宮町。自然だけでなく、美味しい特産物や地域のイベントが盛りだくさんで、1年を通して楽しめます。

サーフィンだけでなく、乗馬やサイクリングが楽しめるのも嬉しいポイント。

四季の移り変わりを一宮町で感じてみてはいかがでしょうか?


千葉県一宮町の特徴は?

千葉県一宮町は、「サーファーの聖地」として知られ、年間60万人ものサーファーが訪れる地域です。町全体がサーフタウンとしての取り組みを行っており、サーフィンが暮らしに根付いています。

2020年東京オリンピックでは、一宮町の釣ヶ崎海岸が競技会場となったことでも、話題になりました。サーフィンを通じて、自分らしくのびのびと暮らせる町です。


千葉県一宮町へのアクセス

電車でのアクセス

  • 都心からJR特急わかしおで約60分(東京駅ー上総一ノ宮駅)

車でのアクセス

  • 東京から首都高速を経由して約90分

都心へのアクセスがしやすいため、二拠点移住やテレワークにもおすすめです。


千葉県一宮町の移住支援制度は?

千葉県一宮町では、移住支援に関する支援は行っておりません。その分子育てや医療などの暮らしに関する支援が充実しており、子育て世代からも支持を得ています。千葉県一宮町の支援制度についてまとめました。


子ども医療費助成

一宮町では、0歳〜中学3年生までを対象に、定額の自己負担金のみで医療を受けられます。場合によっては全額負担の対象となるケースもあるため、子育て世代にとっては見逃せない助成制度です。


子育て応援!チーパス事業

千葉県では、県全体で子育て世代を応援するため、「子育て応援!チーパス事業」を実施しています。優待カードである「チーパス」を提示することで、協賛店でのさまざまなサービスが受けられるもの。妊娠中〜子どもが中学校終了までの家庭が対象です。


千葉県一宮町についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/CHIBA/ichinomiya


茨城県大洗町

神磯の鳥居の日の出

常磐道から北関東自動車道(東水戸道路)が開通したことで、さらに都心へのアクセスが良くなった茨城県大洗町。豊かな自然の大洗町ですが、最近ではアニメの舞台に選ばれて話題になりました。

海だけでなく、史跡や寺社仏閣が多い歴史のある街。茨城県大洗町の移住支援についてまとめました。


茨城県大洗町の特徴は?

茨城県のほぼ中央に位置する大洗町は、気候などの環境がサーフィンにぴったりの地域です。

夏は涼しく、冬は暖かい気候のため、1年を通してサーフィンが楽しめます。

最近では人気アニメの舞台となったこともあり、アニメファンからも人気の高い地域です。

また、大洗サンビーチは、浜辺が海水で鏡のような反射をする現象「リフレクションビーチ」が有名なことから、多くの観光客を楽しませています。


茨城県大洗町へのアクセス

電車でのアクセス

  • 都心からJR宇都宮線で水戸駅まで約1時間20分(東京駅ー水戸駅)→水戸駅から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線で大洗駅まで約15分(水戸駅ー大洗駅)


車でのアクセス

  • 都心から常磐自動車道を経由して約2時間


茨城県大洗町の移住支援制度は?

サーファーだけでなく、自然を感じながら暮らしたい人にもおすすめの茨城県大洗市。ここでは大洗市の移住支援制度について、詳しくまとめました。


大洗町定住促進奨励金制度

子育て世代の定住を進めるとともに、活気ある街づくりのため、定住した子育て世帯に奨励金を支援する制度。


大洗町移住支援金

東京23区内に在住または、東京圏在住で23区内に通勤する方が大洗町に移住し、茨城県が移住支援金の対象とする就業先としてマッチングサイトに掲載している求人に就職した場合、支援する制度。

  • 世帯100万円
  • 単身60万


大洗町三世代同居・近居住宅増改築・リフォーム助成金

親、子または孫が3世代で同居又は近居するために住宅を増改築・リフォームする場合、予算の範囲内において、助成金を支給する制度。


茨城県大洗町についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/IBARAKI/oarai


宮崎県日南市

日南市サンメッセ日南のモアイ像

九州ならではの過ごしやすい気候がサーフィンにぴったりの宮崎県日南市。日南市の海岸は美しいエメラルドブルーで透明度抜群です。

サーフィンだけでなく、スキューバダイビングやSUPなどマリンスポーツが盛んで、気軽に楽しめます。

また、移住支援も充実しているため、手厚いサポートが受けられるのも特徴です。


宮崎県日南市の特徴は?

宮崎県日南市は宮崎県南部に位置する地域です。「九州の小京都」と称される飫肥(おび)や、清らかで美しい日南海岸国定公園など、歴史と自然あふれる観光の街として知られています。

日南市にはサーフスポットが数多くあり、初心者〜上級者まで、さまざまな人がサーフィンを楽しめるエリアです。

初心者向けのビーチにはインストラクターがついていたりと、これからサーフィンを始めようと思っている人にもぴったりです。日南の美しい海で、サーフィンデビューしてみてはいかがでしょうか?


宮崎県日南市へのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 羽田空港からANAで宮崎空港まで約1時間45分→宮崎空港駅からJR宮崎空港線で田吉駅まで2分→田吉駅からJR日南線で日南駅まで約1時間15分


宮崎県日南市の移住支援制度は?

日南市では、地域の人手不足の解消を目的として移住支援に取り組んでいます。

日南市で行われている移住支援制度をまとめました。


日南市移住支援補助金

宮崎県外から日南市へ移住して、「ふるさと宮崎人材バンク」に求人情報を掲載している法人などに就業をした人に、最大100万円が支給される制度です。


日南市移住促進住宅

日南市へ移住を希望している人が、滞在期間の経費を抑え、移住するために必要な住まい探しをするために用意された住宅です。3〜10日という短期で利用できます。


もっと自分らしく暮らしたいなら「サーフィン移住」をしてみよう!

サーフィンを楽しむ人

今回は、もっとサーフィンを楽しむために移住する「サーフィン移住」におすすめの地域についてご紹介しました。どの自治体も、生活の中にサーフィンが根付いており、自然豊かな環境で自分らしく暮らせる町ばかりです。

自分のこれからを見直したくなった時、新しい出会いが欲しい時など、サーフィン移住を検討してみてはいかがでしょうか?

移住支援についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。


合わせて読みたい

▲沖縄で海や星がきれいな理由は?独自の発展を遂げた食文化を知り、さらなる魅力を見つけよう

▲【前編】計画通りの移住ではなくとも、積極的に地域に溶け込み新しい土地で楽しく暮らす

▲【移住したら徒歩圏内!?】温泉パラダイス長野 秘湯・名泉30選