掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.10.13時点)
移住マッチングプラットフォーム

たびすむ

掲載自治体数 No.1 1608/1718(2022.10.13時点)

輝く未来に豊かな緑、深川市が移住先に選ばれる理由は?移住支援策まとめも「日本住みたい田舎ベストランキング」にて、北海道エリアで総合部門で4年連続TOP3を獲得の街

深川市は札幌から車で1時間、旭川から30分程度で到着する好立地が魅力の小さな町です。

北海道の中部に位置する深川市は「日本住みたい田舎ベストランキング」にて、北海道エリアで総合部門で4年連続TOP3を獲得。小さな市部門では「2年連続1位」を獲得しました。

移住者で農業や新規のお店をはじめる方に向けた支援があるなど、地域おこしにも力を入れています。

今回は、10年間で375名が移住者を出している深川市の住みやすい理由や、取り組まれている移住支援策の内容など、深川市に移住を考える上で把握しておきたいポイントについて紹介します。

北海道への移住や道内の中心部からの移住について気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。


文/北川佑太

深川市ってどんな街?

深川市は石狩平野の最北端に位置する市です。近隣の年には旭山動物園やラーメンで知られる「旭川市」や、天然記念物のタキカワカイギュウなどで知られる「滝川市」があります。

面積は529.1 km²と広大で、人口は2022年1月末時点で「19,622人」と、面積に対しての人数は少なめ。また、全道3位のお米の生産地であり、日本全国で2番目の「そば」の産地としても有名なほか、野菜や果物など、おいしいものが豊富にそろっている市でもあります。

豪雪地帯で雪は毎年多いですが、道内でも地震が少ないのも特徴の町です。

では、そんな魅力あふれる深川市の人気の秘密を具体的に見ていきましょう!


深川市の住みやすさの理由は?

暮らしやすいまちとして多くの人を魅了する深川市ですが、実際にはどのような魅力があるのでしょうか。ここでは、深川市が暮らしやすい理由について説明します。


広大で豊かな自然

深川市は田園風景に包まれたのどかな場所です。きれいな空気に包まれてのびのびと暮らせるため、子育てにも向いています。

農業が非常に盛んな地域であり、「ゆめぴりか」や「ななつぼし」などといった北海道でも人気のあるブランド米と、蕎麦の原料となる「そばの花」の生産量は全国で第2位の名産地。ほかにもグリーンアスパラやトマトなど、数多くの種類の農作物を生産しています。

また、深川市は特別豪雪地帯にも指定されているため、毎年大量の雪が降りますが、その分ウインタースポーツを毎年安定して楽しむことができる場所とも言えます。

豊かな自然に囲まれて過ごしたいという方におすすめです。


北海道の主要部にアクセス良好!

深川市は、北海道のほぼ中央に位置しています。JRには特急列車の乗降駅があり、高速道路のインターチェンジもあるため、車と電車の両方で、札幌や旭川などと言った北海道の主要都市にアクセスが良い点が魅力です。

また、旭川空港には電車で1時間程度。新千歳空港へも車や特急電車で2時間程度でアクセスが可能で、道外への旅行にも便利です。道内や道外に旅行へ行きたいという方には、この利便性の高さは魅力的に見えるのではないでしょうか。


新たな事業の支援が充実!

深川市では、中心市街地や空き店舗を活用して集客施設を設置、または商業用店舗を開設する人に対し、助成金として費用の一部を負担してくれます。

「自分の店を持ちたい!」と思っても、都心部では家賃が高かったり、競合他社が数多く存在して、中々事業を始めるのも難しいですが、深川市ではそんな人をバックアップする制度が整っています。

心機一転、新たなチャレンジをしたいという方に非常におすすめです。


深川市の移住支援制度をチェック

深川市では、実際に移住を検討・決定した人に向けて役立つ支援制度も用意しています。ここでは、具体的な支援制度を紹介します。


お試しで実際に深川で生活できる!

「北海道の暮らしってどうなんだろう?」「冬場の生活は大丈夫かな?」「移住したのに思っていたのと違ったらどうしよう」

そんな思いから、移住を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

深川市移住体験住宅「四季の丘 おとえ」という場所で実際に移住体験ができます。建物自体は古いですが、内装はリフォームが入っており、非常にきれいです。

1LDKと2LDKの間取りがあるため、単身者や家族などのさまざまなパターンでの移住体験が可能です。

特に、北海道において冬場の生活は本州とはまるで違うため、道外からの移住者には、ありがたいサービスと言えるでしょう。


空き家を紹介してくれる!

深川市では「空地・空き家バンク」という仕組みがあり、市内の賃貸物件や、売買できる空き家、空き地を紹介してくれます。

「予算の関係で新築の家は厳しい…….。でも一戸建ての家が欲しい!」そんな方にもおすすめです。

また、幌内町では「ビオス四季の里」という区画を1区画、9,800円という破格の値段で空地を販売しています。ほかにも、新たに家を建てる際にも助成金があります。(2022年3月現在受付終了)

お得に家を持ちたいという方にも、深川市への移住はおすすめと言えるでしょう。


子育て支援も充実!

深川市では、子育て世帯に向けた支援策も充実しています。

特に深川市へ移住した人々に人気の「コウノトリ応援プラン」では、妊娠届を出した時点で「136,000円」(第1子の場合)が渡されます。

また、病気などで集団保育が困難な時に、一時預かりを行う保育室「すくすく」や、全小学校区に学童保育所を設置して、共働きの世帯でも安心して子育てできる環境が整っています。

その他にも、以下のような制度があり、子育て世代に対しての支援に力を入れていることがわかります。

  • 妊産婦健康診査受診票交付 
  • 生後7か月健診の時にオリジナル布絵本をプレゼント!
  • 週3回無料の子育てサロンを実施
  • 保育料の軽減
  • 病児・病後児保育完備 
  • 全小学校区に学童保育所を設置 
  • 中学校3年生までの医療費無料 
  • 不妊治療費を助成 
  • 産後1年間助産師による産後ケア、育児サポートが7回無料 


「子どもは育てたいけど、お金の面でいろいろと心配」と不安な方にもおすすめです。


住むだけでなく、深川ライフを楽しもう!

深川の生活について紹介しましたが、深川にはグルメやウインタースポーツなど、楽しみも盛りだくさん。

そんな深川ライフを彩る魅力を紹介します。


深川自慢のお米と蕎麦を堪能しよう

前述したとおり、深川市ではお米とそばが名産です。そのため、地元の深川産米が食べられる飲食店が市内に多数存在します。

ご飯本来の美味しさを存分に味わえる「鶏釜飯」や、深川の名産である米とそばを掛け合わせた「そばめし」などの人気グルメも。



その他にもサシの入った「深川牛」や、黒米の「きたのむらさき」をつかった和食や、黒米の粉を使ったスイーツなどなど、地産地消を意識した魅力的な絶品グルメの数々に舌鼓を打てば、深川市の虜になること間違いなし!

深川市はグルメな人にもおすすめな地域です。


深川温泉でリラックス

「都会の喧噪に疲れた」「仕事終わりや休日にはリラックスしたい」そんな方は、深川温泉でゆっくりくつろいでみてはいかがでしょうか。

深川には、美肌の湯として知られる人気温浴施設「アグリ工房まあぶ」があります。

広い内風呂や「つぼ風呂」がある露天風呂は、深川の街を眺めながらゆっくりくつろげる温泉として評判の「まあぶ温泉」。

リンゴ風呂などといった変わり種の風呂や、広いサウナスペース。さらに「深川牛」「深川ポーク」「深川産小麦」「深川産米」「深川産野菜」などの地元の絶品グルメが楽しめるレストランまで併設されています。

夜は深川の自然を感じながら、綺麗な星が見える夜空を眺めることで身も心もリフレッシュできることでしょう。


雄大な自然でウィンタースポーツを楽しもう!

深川には「カムイキーリンクス」という道内でも屈指の人気を誇るスキー場があり、「日本最北端のゴンドラを有するスキー場」として、スキーやスノーボードが楽しめます。

スキーのコースも25個もあり、最長では4,000mのロングコースも。初心者から上級者、小さな子どもがいるファミリーまで、全員が楽しめるスキー場です。

また市内バスも運航しており、「荷物を持って移動するのも大変」という方でもラクラクと移動できるほか、旭川空港からも直通便のバスがあり、アクセスも便利です。

ウィンタースポーツ好きな方にはたまらないスキー場と言えるでしょう。


住みやすく日常も楽しめる深川市で移住ライフを楽しもう!

深川市は移住者を積極的に行っており、移住する子育て世代への手厚い支援や、広大な土地を生かした生活ができます。

移住した当初は慣れない土地のため不安は尽きないと思いますが、深川市では「移住者交流会」が開催されています。

深川の美味しい空気の中でバーベキューを楽しんだり、深川市自慢のそばを作ることができる「そば打ち体験」などができます。

移住者が積極的に交流を行い、移住者同士で親睦を深めているため、不安解消にもうってつけです。

あなただけの楽しみ方を見つけて、深川の移住ライフを楽しんでみてくださいね!


深川市 基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/HOKKAIDO/fukagawa


合わせて読みたい

▲北海道エリアで人気の移住先10選!市町村の特徴やメリットを紹介!

▲東北エリアで人気の移住先10選!市の特徴やメリットを紹介

▲「ガーデンシティ恵庭」で知られる北海道恵庭市 自然と都市の調和がちょうどいい