移住・仕事の支援制度が充実!長野県伊那市は子育て世代の移住先におすすめ二つのアルプスに抱かれた自然共生都市

自然豊かな伊那市の風景

長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスに囲まれている「伊那市」。

「田舎暮らしの本(宝島社)」の「住みたい田舎」ベストランキングにて、「子育て世代にぴったりな田舎部門」全国1位を2年連続、「総合ランキング」長野県内第1位を3年連続で獲得するなど、移住先として非常に高い評価を受けている街です。

今回の記事では、長野県伊那市の移住先としての魅力や、移住支援制度をご紹介していきます。


文/うのさく(数年の会社員生活を経て、現在は在宅ワークと育児に勤しむフリーランスのライター。バックパッカーだった学生時代以来もっぱら海外旅行派でしたが、最近になって日本の魅力にもハマり、国内旅行やキャンプ、ダイビングにも出かけるようになりました。旅先で美味しいものを食べ、ご当地ビールや地酒を飲むのが大好き!)

長野県伊那市ってどんな街?

JR伊那市駅

2022年6月時点で、伊那市には28,183世帯、66,295人が住んでいます。

伊那市の気候の特徴は、夏は冷涼で快適に過ごせることです。降雪は一年で数回ほど、積雪しても10㎝程度と、「長野県」からイメージされる雪下ろしが必要ありません。冬の気温は低いものの、比較的暮らしやすいことも大きな特徴です。

また、伊那市の魅力は交通網が発達していること。市内にはJR伊那市駅があるほか、中央自動車道や国道153号などの幹線道路も整備されています。車を使って東京まで約2時間45分、名古屋まで約2時間と、大都市圏へのアクセスも良好です。


伊那市の移住先としての魅力とは?

伊那市の一本道

移住先として高い評価を受けている伊那市。その魅力をご紹介します。


自然豊かな環境での生活が叶う

南アルプスと中央アルプスが織りなす雄大な景色、山間を流れる清らかな天竜川、澄み渡る空気――このような美しい自然の中で暮らせることが、伊那市の大きな魅力です。

恵まれた環境で育てられた伊那市の野菜には、うまみがぎゅっと詰まっています。市内で販売されている新鮮な野菜は、格別のおいしさです!

保育・教育現場では、自然を活かした「信州やまほいく」や総合学習がさかんに行われています。生きる力や社会性、自己肯定感を育む教育を受けられる地域として、子育て世代からの注目度が高まっています。


地元の人たちとの温かい交流がもてる

「田舎暮らしに憧れるけど、ご近所付き合いが大変そう」「移住者をよく思わない住民も多いのでは?」と、「人」に関する心配をされる方も多いかと思います。

伊那市の移住者の声には、「伊那市の人たちは温かみがあり、人間味にあふれています」「ずけずけとした感じはなく、そっぽを向くような感じもなく、程よい距離感を保ってくれます」といったものが多く、地元の方々の人の良さが感じられます。

また、「おすそわけ文化」があり、近所の方がお米や野菜を持ってきてくださることもよくあるのだとか。人との交流を楽しみながら暮らしたいという方にはぴったりな地域です。


利便性が高く暮らしやすい

豊かな自然がすぐそばにありながら、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、カフェ、ファミレスなどがそろい、市内はとても生活しやすい環境。移住者からは「便利な田舎」と好評です。

保育園や幼稚園、小中学校も充分にあるほか、総合病院を含めた医療施設も充実しているので安心して子育てができるでしょう。

市内には電車やバスが走っていますが、車は一人一台あった方が便利に暮らせます。道は広いので、「ペーパードライバーだから不安」という方でも運転しやすそうです。


伊那市の移住支援制度をチェック

家とお金のイメージ

伊那市が行っている移住支援制度をご紹介します。


住まいの支援制度

・移住検討者向け体験住宅

伊那市では、移住検討者が利用できる2つの体験住宅を用意しています。

伊那産の木材がふんだんに使われている「田舎暮らしモデルハウス」では、木の香りに包まれながら、吹き抜けや薪ストーブがある田舎暮らしを体験できます。

市街地にある「移住体験住宅」では、循環バスも利用でき、車を借りなくても生活できます。最長1か月間宿泊できるので、住居探し・仕事探しにも便利です。


・移住・定住準備住宅

住まい確保や就職のための第一歩として、市営住宅を原則6か月間、半額で貸し出しています。


・住居の取得・リフォームへの補助金制度

対象地域での、物件の新築・増改築、空き家取得に利用できる補助金が各種用意されています。


仕事の支援制度

・移住希望者向け就職マッチング

伊那市と伊那商工会議所が連携し、移住希望者へ向けて就職マッチングを行っています。


・伊那市ふるさとワーキングホリデー

伊那市内の農家で働きながら、移住後の暮らしや農業を体験できます。


・起業・創業への補助金制度

伊那市での起業・創業を目指す方への支援や補助金制度が用意されています。


その他支援制度

・移住・定住相談窓口

伊那市役所にある移住・定住相談窓口では、移住・定住コーディネーターがワンストップで相談を受けてくれます。メールや電話での相談も可能です。

伊那市の移住定住応援サイト「伊那に住む」や伊那市移住・定住ガイドブックでも、支援制度について紹介されています。詳しく知りたい方は、そちらもぜひご覧ください!


伊那市の移住定住応援サイト

https://www.inacity.jp/iju/index.html


住むだけでなく、伊那市ライフを楽しもう!

高遠城址公園の満開を迎えた桜

せっかく移住するなら、伊那市ならではの魅力を存分に楽しみながら暮らしましょう!


市内の観光スポットを巡る

移住先として注目される伊那市ですが、多くの観光客が訪れる街でもあります。

「天下第一の桜」と称される「高遠城址公園」の桜、南アルプスが一望できる農業公園「みはらしファーム」、高遠石工の傑作の石仏が並ぶ「建福寺」など、市内には自然や歴史を感じられるスポットが豊富です。

温泉にゆっくりと浸かったり、ネギと焼き味噌入りのつゆでいただく「高遠そば」を味わったりするのも、おすすめの過ごし方です。


家庭菜園で野菜を育てる

新鮮な空気と水に恵まれ、おいしい野菜が育つ伊那市では、移住後に庭先や近隣の畑で野菜栽培にチャレンジする方もいます。

家族で一緒に野菜を育てて収穫し、調理して食べるという経験は、お子さまにとって素敵な食育になるでしょう。

近隣の方から育て方を教わったり、収穫した野菜をおすそわけしたりと、地元の方との交流のきっかけにもなってくれそうです。


スキーやキャンプを満喫する

スキーやキャンプといったアクティビティが気軽にできるのも、伊那市の魅力です。

「伊那スキーリゾート」は、市街地からも近くアクセスが便利。権平トンネルを抜けて木曽へ行けば、他にもスキー場がたくさんあります。

景色のきれいなキャンプ場も豊富で、ソロからファミリーまで楽しめます。夏はキャンプのほか、カヌーや山登りも人気です!


住みやすく日常も楽しめる伊那市で移住ライフを楽しもう!

伊那市の田園風景

雄大なアルプスが織りなす美しい景色の中で生活できる伊那市。自然豊かな環境ながら生活の利便性も高く、「自然の中で子育てをしたい」という方にぴったりな移住先です。

伊那市の移住定住応援サイト「伊那に住む」や伊那市移住・定住ガイドブックでは、伊那市に住む先輩移住者の声もたくさん掲載されています。伊那市への移住について気になる方は、ぜひご覧ください!


伊那市の移住定住応援サイト

https://www.inacity.jp/iju/index.html


長野県伊那市についての基本情報

https://tabisumu.jp/municipality/NAGANO/ina


合わせて読みたい

▲【2022年版】長野県の移住支援金総まとめ!北信・中信・東信・南信のエリアごとにチェックしよう

▲【前編】子どもが伸び伸び育つ環境を求め、4ヶ月で移住を実現。東京を離れて感じた地方で子育てするメリットとは?

▲【移住したら徒歩圏内!?】温泉パラダイス長野 秘湯・名泉30選