石川県七尾市・中能登町・羽咋市で2泊3日のワーケーション体験レポート!youtube等で活躍中のインフルエンサー"あゆっし"が石川県・能登半島でワーケーション体験!

 石川県七尾市・中能登町・羽咋市で2泊3日のワーケーション体験レポート!

 

石川県というと金沢や輪島が有名ですが、能登半島の中央に位置する七尾市・中能登町・羽咋市も、絶景・パワースポット・グルメと、知る人ぞ知る魅力満載のエリアなんです。しかも最近はテレワークスペースも充実。今回はyoutubeやインスタグラムで活躍中のお友達、インフルエンサーあゆっしと一緒に2泊3日のワーケーションを体験してきました。本物の宇宙船見学やミシュランひとつ星のレストランとレジャーやグルメを満喫しながら、お仕事もサクサク進んだ3日間の様子を紹介します。 


文/鈴木由香

【目次】

  • ワーケーションとは
  • 七尾市・中能登町・羽咋市はどんな場所?
  • 1日目 中能登町
  • 2日目 七尾市
  • 3日目 羽咋市
  • 2泊3日じゃ短すぎ!遊びも仕事も充実したワーケーション 

ワーケーションとは

最近注目のワーケーション。「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、帰省や旅先など自宅以外の場所で、リモートワークを活用しながら休暇と仕事、両方を行うことです。 

七尾市・中能登町・羽咋市はどんな場所?

本州の中央、日本海側に位置している石川県能登半島。さらにその真ん中にあるのが七尾市・中能登町・羽咋市です。世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」が広がり、豊かな自然に囲まれ、里山里海の幸にも恵まれています。

歴史と文化が根付いたこのエリアでは、年間を通して多くのお祭りやイベントを開催。地域の人達の結びつきも深く、都会にはないあたたかな人間関係が築かれています。 

石川県の中心都市金沢までは、車、JR七尾線、どちらを利用しても約1時間ほど。東京方面からは羽田空港との間を1日2便往復している、能登半島の空の玄関「能登空港(のと里山空港)」からも車で1時間圏内です。ほどよい田舎で、自然・食・温泉・文化を堪能できるエリアです。

 1日目 中能登町

1日目に出かけたのは中能登町。伝統工芸を体験し、パワースポットでテレワーク、おばあちゃんの家のような古民家宿に宿泊しました。 

【体験】能登上布会館

中能登の伝統産業である能登上布。約2000年前から伝わる麻織物です。熟練の職人が、糸から紡ぎ、櫛型の染付道具で染め、機織り機で織りあげた布は、独特な透け感と光沢が美しい上質なもの。

「能登上布会館」では、制作過程の見学と実際に機織り体験をすることができます。